So-net無料ブログ作成
検索選択

子はかすがい? [子ども]

かすがいとはホッチキスの芯を大きくした形状に似ている木をつなぐ道具です。

結婚して、なんとか子どもを出産して、すくすく成長しているわが子の成長を見て思うのです。

入院中、自分がもし、シングルマザーになったとしたら・・・。夫がシングルファザーになったとしたら・・・。ということを毎日のように考えていました。

子どもにとっては両親は親であることには変わりないから、別に離婚してもしなくても本質は変わらないと思うんですね。

ただ、わたしは子育てには両方の親がいい悪いにしろ何らかの形でかかわっている状況が、いいと思っています。

生命に危険が及ばなければ、の話ですがね。

一方の親に育てられて、もし、わが子がもう一方の親に会いたいと思った時にすぐ会えるか?
という状況をつくることができる良好な関係性を築けるかどうか、わたしには見えませんでした。

子どもを理由にして切れてしまった夫婦の縁を再び結ぶのは至難の業です。

なんとかすれ違いを無くそうと話し合いをして激しいケンカになることもあるでしょう。

心が傷ついて、癒してくれる存在がいたら、そっちに逃げたくなるかも知れません。

癒しは得られますが、その癒しを与えてくれる人の気持ちの行き先はどうなるんでしょうか?

気持ちの大きさにもよりますが、相手の幸せを想うとけっこう辛くなる部分もあるでしょうね。

だから、誰も傷つけないために、タレントさんとか自分をけっして好きになることがなく、逢うことのない人を好きになったりする場合があるのかもしれませんね。

本当の心・姿は見えない違う持ち合わせた外見や役割に合わすことのできる才能の部分のみを好きになれば、心も体も許していないし、ルール違反ではないでしょう。

木を見て森を見ず、でしょうか。

一線を踏み越えて、実際の相手と行動をともにしてしまい、誰かの気持ちを傷つけてしまうから、犯罪につながる場合もあるのかもしれませんね。

私は子どもの頃、誰かのケンカを見るのがすごく嫌いでした。
今の人と出逢って、異なる相手とコミュニケーションを一生懸命とろうとしている行為なのかと、気付きました。

本音で深い部分を話さなければ、誰も傷つかないと思って、ただ相手がどんな人物を好きなのか把握するため、よく恋バナをしていたように思えます。

今思えば、本当に好きな人はごくわずかです。
その人が動きやすい環境を作ることだけに、わたしは専念しています。

たぶん極端に振る舞い過ぎで空回りが多いため、いろんな人に誤解を与え、ご迷惑をおかけすることも多いんだなと反省しています。

loveじゃなくlikeを広げたかっただけで、どういう振る舞いをすれば、相手が心地よく感じるのか調べたかっただけなのですから。

単純に、相手の表情を見たり、話を聞いたりできれば、話のネタを無理やり探さなくとも普通に過ごせたのかもしれませんね。

好きじゃない、嫌いを通り越して、大嫌いと決めつけたくなくて、なるべく苦手なものでも共通項を探して、好きになろうとしました。

自分がどれだけ嫌われていたとしても。

どういう部分が嫌なのか、どういった理由で気持ちが変化してしまったのか、その変化をこの目で見たいからです。

もしそれが改善されたときには、どういった反応があるのか?

その変化を知った上で、子どもにはなるべく人生の困難をうまくすり抜けていく術を伝えて、効率よく人生をステップアップして生きていって欲しいな、と思うのでした。









スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: