So-net無料ブログ作成

文章と出逢いの超情操教育、驚いています。 [子ども]

第四の権力の大きさ、TVを見ると少しずつ変わっていって、ごめんなさい。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

話す手段はひとつじゃない。 [子ども]

今日少しうれしいことがありました。

反抗期と見えたわが子との様々なコミュニケーション方法が見つかったからです。

というか、私は亡くなった祖母の生まれ変わりがわが子だと考えているため、少しずつ実証されているような感覚を味わいました。

言葉を離せないわが子だと思っていました。
話が通じないわが子だと思っていました。
いつの間にかもう反抗期はとっくに終わっていた。
なのにわが子の精神を呼び覚まそうと悪化していたのは親である私の言動だったのかもしれません。
言葉にならない(ノンバーバル)コミュニケーションと言いますか、シグナルが通じた瞬間は嬉しかったです。
それと同時になんだか少し淋しいです。
障害は生涯学習の現時点で私が考える最大のコミュニケーション方法です。
翻訳技術がすごすぎてC言語とか意味が分からないのですが、目の前のわが子につらく当たるのではなく、熱心に話を聞いていたら、その要素に障害と位置付けられている人たちのコミュニケーション方法が見えてきました。

点字の絵本とか借りてみたのですが、分かりやすいようで、よくわかりません。
たぶんセキュリティーというか壁が完全無敵のように見えますが、たった1人の運命の相手との結びつきをまだ探している段階なのかもしれませんね。

与えられているコミュニケーション方法が違っているだけで、障害と永遠に位置付けてしまってもいいのでしょうか?
区分なのですが、言葉、差別は言葉から始まります。
恋愛における失恋や復讐から始まるいじめや勘違い、フェイクニュースでどれだけの恨みを買うか分かっていますか?
とフェイク抜きで本質的にもう話は通じているのでわが子は、たぶんもうそのことは分かっているハズです。

たぶんそれが子はかすがいという由縁でしょう。

ただし、親子三代でつなぐ縁もあるといいますから、私はひとまずはわが子のこの反抗期の終焉をソワソワしながら見守っていこうと思います。

あらゆるシグナルを見逃さない。一見ルールを破ったようにみえてもコミュニケーション方法が変わっただけです。それが反抗期の親の心得です。
第二次反抗期に備えて、忘れないようにブログに記録します。
ありがとうございました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

一向に片付かないリビング。 [子ども]

さて、日々とっ散らかっているリビングをどのようにしたら片付くか研究中です。。
家計簿をエクセルでつけたりしているため、レシートやら、旅行の記念のパンフレットなど一か所にまとめて直置きしていると、我が家の小さな巨人が、上からゴジラのように紙の山を乗り越えてなし崩しにしていきます。
そのほかたくさんの図書館から借りた本はきちんと立てているのですが、おむつやらおもちゃやら収拾つかない状態です。
収納用具必要かなぁ・・・とも思うのですが、収納を増やしてしまうと引っ越しなど移動の時に困るしなぁ、と考えています。

家を買っちゃうか!とも思うのですが、今のままじゃローンは無理!と思うのです。
家のものをキチンとすべてあるべき場所に片付ける方法が分かれば、なんだか家の収納問題もすべて丸く収まるような気がするのですがなかなかうまくいきません。

リビング、私の頭の中みたい。
必要なときに引き出すのに時間がかかっては時間のロスだし、たからの持ち腐れだとは思うんです。
だからすぐ手に届くところに収納したい。
ダブルバインドですね。

わが子ともどもキレることなく、片付け美人になれたらいいな、と思うのでした。
タグ:片付け
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

反抗期&イヤイヤ期 [子ども]

我が子、パパスキスキ期発動につき、同時にママイヤイヤ期発動中です。
何事においてもパパ、パパ。

娘とパパを取り合いしています。

パパ、お家の中では超モテモテです。

はぁ、家出したい。

先日旅行に行ったのですが、すでにソワソワしています。

娘の反抗期、どうやって教育したらいいんだーーーー。

というか教えられてばかり。

本当に祖母の生まれ変わりなんじゃないかと時々思うくらい、しっかり話す時があります。

言うべきことをもしその年齢で言わずにいたら、どうなるんだろうかと心配です。

そして、言うべきことなんてあるんだろうかとも同時に思うのです。

その子がその子の運命を背負って生まれてきているなら、親としてできることなんて何もないんじゃないのかなと思うのです。

こうなってほしい、ああなってほしい、想いはたくさんあるけれど…。
巡り会うべき時に出逢い、別れるべくして別れるのなら、すべての意味で繋がっているのなら、ただ見守るしかできないんじゃないかと思うのです。

なんだかどこまで我が子に内政干渉していいのか、むしろ不干渉でいいのか、ボーダーラインが微妙な時があるのです。

今でもこんな感じなのに、将来の思春期どうすんねん!って感じなのですが、わが子の1日1日のSOSを見逃さないように気をつけて見守っていきたいと思う母なのでした。

阿蘇ファームランド。 [子ども]

阿蘇ファームランドへ行ってきました。
ふれあい動物王国で動物たちとふれあいながら、のんびりした時間を過ごし癒されるのでした。



IMG_1737.JPGIMG_1748.JPGIMG_1740.JPGIMG_1755.JPGIMG_1779.JPGIMG_1804.JPGIMG_1781.JPGIMG_1783.JPGIMG_1819.JPGIMG_1826.JPG

いろり山賊へ [子ども]

旅行の最終日は、山賊に行ってきました。7月なので、七夕飾りが豪華でした。いつものように山賊むすびとおうどんと山賊焼をいただきました。わが子は初めての山賊にあっちこっちいって興味津々で楽しそうでした。
IMG_1840.JPGIMG_1851.JPGIMG_1843.JPGIMG_1844.JPGIMG_1852.JPG

熊本&山口のジュース試してみました。 [飲料]

熊本の阿蘇ファームランドにあった熊本トマトコーラが気になり飲んでみました。
100パーセントトマトジュースに少し抵抗がある人でもこれなら飲みやすかったです。
フルーツトマトなのかな?
IMG_1824.JPG
帰りに広川SAで購入した温州みかんジュース。さっぱりしていて美味しかったです。
IMG_1839.JPG

福岡アンパンマンミュージアムへ [子ども]

今朝は、前々から話していたアンパンマンミュージアムへやって来ました。
朝9時過ぎぐらいに行くと1番でしたが、30分くらい櫛田神社を探して迷子になって諦めて戻ったりと時間の無駄使いをしてしまい、行列にはまってしまいました。

アンパンマンが出迎えてくれて勇気100倍!と言いたいところですが、ちょっとホラーちっくな写り具合になってしまいました。

普段はあまり自分から動かないわが子が、自分の意思であっち行ったりきたりとアンパンマンの威力を感じました。

ジャムおじさんのパン工場でアンパンマンの美味しさに感動しました。
懐かしいタイプのアンパンでした。

車に乗ると即眠りにつく我が子でした。
IMG_1620.JPGIMG_1623.JPGIMG_1618.JPGIMG_1621.JPGIMG_1644.JPGIMG_1643.JPGIMG_1646.JPGIMG_1660.JPGIMG_1661.JPGIMG_1662.JPG

サンドイッチ [子ども]

今日から福岡と熊本へドライブ旅行です。
残り物のポテトサラダとハムチーズのサンドイッチ、唐揚げとナゲットを用意しました。

朝起きたら、豪雨でハラハラしたのですが、とりあえず西に向かっているので、雨は止みました。

大きなサンドイッチを頬張る我が子を見てひと安心するのでした。

大泣きで応援〓 [子ども]

昨日は、我が子のパパとじぃじのソフトの応援をしにお出かけしました。
パパがピッチに行くたびに大泣き。。。

ファザコンめーーー。

ドラえもんに出てくるようなどかんがありました。

とのさまバッタやら、チョウチョやらもたくさんいて、あちこちでぴょんぴょんしていたとさ。

IMG_1379.JPGIMG_1380.JPGIMG_1381.JPG
夜にはアルカディアビレッジまでドライブをしました。

飛び入り日帰り入浴で、温泉にのんびり浸かって帰りましたとさ。
IMG_1456.JPG