So-net無料ブログ作成
検索選択

たくさん身体が欲しい・・・。 [子ども]

さて、わたしの学生時代の習慣である、イヤホンで音楽をエンドレスで聴く習慣が復活しております。

長時間大音量で聴いていると咄嗟に声をかけられたとき、聞き取れず判断が遅れてしまうことがあり、音楽を聴く音量にも気を配らないといけないな、と思う今日この頃です。

自分に声をかけられているかどうかわからない時には、2度目に声をかけられるかどうかで判断し、それで声をかけられなかったんだな、と判断します。

だけど、ふと思ったのが、1度で呼んで反応がなかったから、もういいやと思わせていないか心配になる時があります。

聞けばいいんだろうけど手間をとらせてもいけないしな・・・。なんてしばしば思います。

さて、身体がたくさん欲しい、と言うのは家族間でのコミュニケーションのこと。

大人同士で話している時に、子どもが話しかけてきたらどう対応していますか?

わたしは話の途中に子どもに対応し、大人同士の対応に戻ります。

年齢が小さいならなおさら、難しい話題もこどもの前でしておく必要があると考えるからです。

将来なにかしらのきっかけで、その記憶が呼び起こされ、本人が判断する上で重要な情報のひとつになりうると考えるからです。

ただ、そうすると、元々大人同士で話しているときに、話を聞いていないようにも捉えられる可能性も否めません。

みんなでひとつのテーマをお題として話せればいいんですが、ひとつのテーマでも感じる幅は異なり、話題を異なるテーマに広げる話し方と深める話し方があると思います。

人によりけりですね。

ただ、相手の話す方向性を見つめて寄り添うように話せているか、また相手とのテーマの理解のスピードが異なった際に、どこを支点として話すかが重要かもしれません。

それぞれの話を聴くには、それぞれ別々の身体や役割を持てばいいのでしょうが、まったく同じ人と言うのは存在しないため、自分でどうにかするしかないのかな、とも思ったりします。

聖徳太子がいきていたら、うまく同時にコミュニケーションをとる方法を教えてもらいたかったなぁ・・・。と思うのでした。






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

とうかさんへいってきました! [子ども]

無事退院できたので、とうかさんへお参りしてきました。

1000円の破魔うちわ、いつも買おうかどうしようかなぁと見ながら通り過ごしていました。

お参り後、「おみくじひこ~!」っといつもは100円のおみくじを引くのですが、今回は参拝側から降りてすぐにある破魔うちわ300円のくじを家族で購入しました!

ミニーちゃんのバッグと麦茶とゆったりサイズチェアをゲット!

イスも購入しようかどうしようかと思っていたのですが、けっこう大きめなので、これからある花火大会とかに使えるぞ♪とうれしくなりました。

うちわも手のひらサイズなので、かわいくてなんだかうれしい気分になりました。
image1 (4).JPG
気になったことと言えば、韓国からやってきたという電球ソーダの露店。
キラキラの色水に加えてピカピカ色が変わっていたので、目を引いていました。

結局購入しなかったのですが、毎回お祭りにどんな新しい露店が出てくるかを見るのが好きです。

いつも購入するのはポテト、からあげ、はしまき、ベビーカステラなどの定番商品なのですがね・・・。

退院したのに病院に忘れ物をしたり、駐車場の位置を忘れたり、挙句の果てには眼鏡のフレームがぶち折れるという波乱万丈な1日でしたが、とうかさんにいき、今年の厄はもうそろそろ落としたいと思うのでした。

タグ:とうかさん
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

睡眠 [子ども]

しばらくわが子の寝ている姿を見ていなかったのですが、久しぶりに見ました。
かわいいなぁ〜。と思います。

完全に親バカですね。

時々まぶたが開いて白目が見えますが、そういったところは、親である私にそっくりです。(^^;)

夜早く21時頃に寝て、朝早く6時くらいに起きる習慣を、と思うのですがなかなか前後してしまったりしてしまいます。

だいたい遅く寝た時はお昼寝でカバーしているのですが、睡眠時間をある程度固定することで習慣化したいと思っています。


睡眠といえば、わたしごとではありますが、夢をよく見ます。

ここ最近毎日夢を見ています。

占いにハマった時もありましたが、現実の世界にいる人たちが出てくることが多いです。

仕事で現状の課題について悩んでいるときは、寝てる時も仕事の夢を見たり。
卒業してもなぜか高校で授業を受けている夢を見たり。
亡くなった祖母にめっちゃ叱られる夢を見たり。

ちゃんとしっかりせぇや!ということなんでしょうがね。

悲しい夢もあります。

交際中の相手と別れる夢を何回もみたり、その時はなんとも無いのですが、数年後、全く同じ状況が現実に訪れるという不思議な出来事があったりします。

大抵当たります。

その地点で、引けば遅く無い、傷も浅くて済むということを脳が知らせてくれているのかもしれませんね。
でも、好きだからしょうがない、今だけに集中したいと思うんです。

いつか別れるということが分かっているのは、人間誰しも死に向かって行きていくのと同じこと。

未来の夢を見て仕事していたら、たぶん自分がいるからそういう未来になるんじゃ無いかと思って怖くなり、転職の回数をどんどん重ねて行きました。

はた迷惑だったかもしれませんね。

申し訳ありません。

最近、夢に抗ってちょっとずつでもつながりを残していっています。
たぶん、みんなすぐ忘れてしまうかもしれないけれど、わたしはいつでも憶えています。

ってストーカーみたいでちょっと怖いかな。。。

寝るのが怖くて、睡眠時間を減らすようにしていました。
だけど、そしたら身体が休まない。

心と身体のバランスを整えるって本当難しいです。

お願いだから、わが子にはわが子の人生を歩み、自分みたいに怖い夢は見て欲しく無いと思うのでした。



離れても顔を見てお話し [子ども]

今家族と離ればなれの生活を送っています。

わが子が会いたいと思う時に、いっしょに居れたらいいと思うんですよね。

テレビ電話というと少し古く感じますが、顔を見てお話しする大切さを子どもができて初めて実感しています。

携帯電話インターネットも無かった時代、喫茶店で恋人たちはは公衆電話から電話をして待ち合わせをしていたようです。
連絡を取り合いたい、相手と仲を深めたい、繋がりたいといろんなメディアも発達しました。
LINEだけじゃなくて、声が聞きたい、声だけじゃなく顔も見て安心したい。

世の中の道具は便利になりましたが、結局のところ、コミュニケーションはいつの時代も大切にされてきたことです。

会う時を自分だけでなくお互いの意思で即決めることができる時代。
これ以上になにを求めるんでしょうか?

わたしにとっては、やっぱり直接会うのが1番安心するのですが、気分が落ちているときの影響力が怖くて、落ちているときはインターネットなどの媒体をはさんで、さらに補足のコミュニケーションが必要なのです。

好きな人とは、特に。

わが子は今たぶん寝ています。
顔を見ているから、わたしは寂しくありません。
だけど、子どもにとってはまだまだコミュニケーションが足りていないのかな、
と思います。
帰ったらいっぱい遊ぼうかと思います。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

金曜日。 [子ども]

今日は金曜日。
昨夜は雷がきれいでしたね。
と同時に怖かったです。

おへそ隠して、光を見ていました。

まっすぐに伸びる県庁の避雷針を見つめる中で、夜遅くまでお仕事をされているのか、電気が夜2時頃までついていました。

公務員は高給取りで楽とかいう感じではなく、仕事に応じた身の丈に応じたお金が与えられていると思います。

ただ、働く人の健康を想うと、そういう人を支えることがもっともっと必要なのかな、と思うのです。

誰かは分からないけれど、今日はプレミアムフライデーだから、早く帰って休んで欲しいと勝手に願っています。

わたし視点からいえば、仕事に恋してしまう癖がぬけず、のめり込んでしまいすぎることがあるため、やっぱりある程度ストッパー役になってくれる人が必要なのかなと思います。

結婚して、仕事をし、子育てをするということは何重にも役割という籍、責務を負うことになります。

多重国籍を否定するということは、できた役割を否定してしまうということではないでしょうか?

というか、そもそもみんな同じ人間なんだから、国籍とか役割とかとっぱらったら、いっしょだと思います。

少し言い過ぎかもしれませんね。

国籍とか役割とか多ければ多いほどいいのではなくて、必要なぶんだけ与えられているものだと思います。

その重荷を少しでも軽くできたらと思うのですが、なかなか分かりません。

見えないところで頑張っている人がたくさんいることに、気付いて手を差しのべられる人になれたらいいな、と思うのでした。



映像とコミュニケーションの危うさ [子ども]

おはようございます。
今日は、わたし自身が子どもだった頃のお話、映像の不確実性について話します。
 
わが家は共働き家庭で、祖母が保育を担当していました。

テレビ大好きっ子で、よくテレビ番組をかじりつくように見ていました。

毎日毎日約5時間程度。

見過ぎじゃろ?!って、思います。

だけど色んな番組を観る中で、とっても楽しかったんです。

夜遅く帰ってくる両親を待ちながら、今日はこんなことあったよ?。どんなことがあったの?っていいたいけれど、仕事で疲れてるだろうし、自分の話は控えておこうと思っていました。

2人姉妹で、お姉さんも同じように淋しかったらいけないし、妹は明るく努めておくのがいいかな、なんて。

社会から見れば、自由奔放で身勝手で問題ばかり起こすように見えたでしょう。

映像は第3者の生きた証であり、見たい現実が現れています。
第3者の目のフィルターを通して、現実を見ているのです。
だから自由に編集できるし、切り貼りできる。夢の形です。

その目の正体、どこかの誰だかはエンドロールの製作者を見るまでは分かりません。

だけど確実につながっていました。

細い細い糸だけれど、いつも顔の見えない誰かのストーリーを聴いていたのです。

だから本来ならそのあとに感想やアンケートなどの形でキチンとお答えしないと完全なコミュニケーションとしては完成していません。

一方的な情報で終わっていたのです。

目の前にいる人に加えて、さらに誰か分からないけれど、同じ空間を共有している事実がそこにあるのです。

入院してみて気づいたことがあります。

入院前は、文字からすべての情報を得ようとしていました。
情報量が多すぎてわたしはパンクしてしまいました。
日本語を考え出し、かなやカナ、漢字、ローマ字など、考え出した人まじ天才だったんだ、とヒシヒシと感じました。

もともと国語が苦手だったのですが、高校の先生は国語の先生が担任で、何とか満点取ろうと頑張っていたのですが、無理だったんだから、元々の脳の容量が足りなかったからかもしれません。

さて、映像の話に戻ります。

音声がない状態で、視覚のみから情報を得ることは案外簡単なんだということに気づきました。

この数日間の経験のみですが、長年聴覚障がい者と呼ばれてしまっていた方だったら通常の速度でお話ししていても余裕の解読スピードなのかもしれません。

さいしょに口の形に気をつけてペースを合わせることで、その人の心地よいペースが分かるのかもしれませんね。

その人に合わせたペースメーカーは、その人に関わるすべての人です。

無音で聴いていたテレビに初めてイヤホンをつけて聴いた時の衝撃が忘れられません。

音楽と映像とのギャップ。

これが聴ける人と聞けない人の創り上げてきたイメージとの差か…。と。

その違和感に恐れおののいて、ひとまず音をまた無音に戻しました。

今はコブクロの好きな音楽を聴いて落ち着いているのですが、この映像と音の差ってどうやったら埋められるんだろう。と思うのです。

同じ目的地まで行くときに、怖いという人をともに連れていくことが果たして正しいことなのかどうか。

行ける範囲まで行って、同じ地点で出逢ったたくさんの人とともに過ごすことが最善なのでは無いかと思うのです。

その地点と聴こえる人がいる地点をつなぐ太いパイプがないとお互いにいつまでも分かり合えないままです。

パイプって何だよー!って思うのですが、血管みたいな、、いや神経?いや、よく分かりません。

お互いをつなぐパイプ役が中間管理職であり、翻訳というお仕事なのではないかと思うのです。

単に、離れた場所にいるお互いの言葉を伝えればいいだけではなく、サッカーの試合中のボールのやりとりみたいな、監督がどこまで一人ひとりの想いを汲み取れているか理解することが重要です。

この入院で初めてすべての学びの道が一本につながった気がします。

ただ、これは過去から現在までの話で、今から未来に向けて頑張らなきゃと思うのですがね。

たったひとりですが、支えてくれているみんなが見えている景色がいっしょに見ているだけでなく、一人ひとりの感情をみつめていけたらと思います。

って、また口だけかよ。

知り合いには言われそうですが[あせあせ(飛び散る汗)]

ひとまず家庭に帰って家族の健康を守ることが、ベストだと思いつつ、今日の映像のお話はおしまいです。

長文を読んでいただき、ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]


















すくすく成長中。 [子ども]

おはようございます。
面会しに来てくれるのですが、家にいる時よりも子どもと距離感があるせいか、ずっと落ち着いて見ることができます。

成長速度に感動しています。

手前味噌ではありますが、夫の子育て力に感動しつつ、自分の子育て方法に改めて問いかけています。

わたし自身身の引き締まる想いです。

平日夜しか見ないって、こういうことなのかと、お仕事で夜遅く帰ったら成長が急なので、当たり前だと思いがちですが、子どもも子どもなりに頑張ってるんですよね。
できないことができるようになるということは、とてもすばらしいことだと思います。

支えてくれる保育園の先生や地域の方々に感謝しきりです。

抜け漏れが多くても、フォローしてくださったり、きちんとやることを教えてくださったり、本当にありがたいです。
想定と異なる反応になったときにきちんと丁寧に対応できる人になれるよう気をつけて参る所存です。

少し堅苦しくなりましたね!
日々の生活を大切にもっともっとしていきたいなと思うのでした

入院して気づく在宅ワークのありがたみ [子ども]

はい。最近更新が滞っています。
いかがお過ごしでしょうか?

体調を崩して、只今入院中です。
1日も早く退院して、普段の生活を送りたいと思っています。
しっかしまー、自分の今までの不摂生が入院生活を通じて、整えられていき、様々な発見があって、充実した?入院生活を過ごしています。
自分が育てられてきた子育て環境にもあらためて感謝するようになりました。
何年分もの忘れていた記憶を取り戻せた気がします。
ものが少ない中で、ふだんの生活に寄り添ってくれていた人たちや物事を考えるうちに、いろんなことに気づけてまた勉強になりました。
退院してからの子育てに最大限活かせていけたらと思っています。
スマホやインターネットがあれば、どこでもすぐ仕事にうつれる環境をいただけて、本当に良かったな、と思っています。
入院前には保育園に靴も履かせずに子どもを連れて行ってしまって(゚o゚;;時間ヤバい!と焦りすぎでした。
ブログを書いている中でも忘れ物をよくする、そそっかしいふつつかものですが、受け入れてくれている方々に感謝の気持ちを込めて、今回はひとまず結びとさせていただきます。
また徐々に更新回数を増やしていけたらと思いますので、よろしくお願いします(*´꒳`*)

慌ててはいけない [子ども]

昨夜から注意力散漫です。

いろいろと考えたりしていると時間の流れが違い、お弁当を作る時間が足りず、おかずが減ったりして、とても申し訳ないな、と思ったり。

朝は朝で、いつものように車に乗るとキーレスのキーがカチッとなり、「なんかおかしいな?」とおもっていたら。

ビービービービー。


マジか!!!!

エンジンを切ったり、ドアを開けたりしても音はなり続けます。

パニック!!

パンデミック!!←いや違うじゃろ。

さて、夜勤明けで辛そうな夫が起きてきて、鍵を貸せと。

キーレスキーのボタンを押して、音がやみました。

めんどくせぇ・・・・と思ったことでしょう。

ありがとう。と思うと同時に、

くそっ!盗難してねぇのに!!

と思いながらも朝から、大きな音をだして申し訳ないな。と反省しました。

保育園につくとタオルを忘れていることに気づき、ダブルパンチ。

これがラーの目の威力か・・・。←いや、違うじゃろ。と思いつつ、次から気をつけようと思うのでした。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

交渉人。 [子ども]

先日スマホでバトルを繰り広げた親子です。

分かってくれたみたいで、母のスマホを強奪していくことはなくなりました。

時折自分のスマホが使えないかボタンを押している様子。

そして使えないことを知ると、他のおもちゃで遊ぶようになりました。

人のものと自分のものの区別ができるようになったんだね、と思いつつなんだかかわいそうになってきました。

今までとは違うから不便さをあじわっているんだろうなぁ。

うーーん。大きくなったらいつでもできるからね!と心の中で思っていても、なんだか気になります。

どうしたらいいのやら・・・。

ということで、ひとまず古いスマホをPCにて充電しております。
USBの充電器でしかうまく充電されなくなってしまったので・・・。

おもちゃならいいんだろうか?

でも、おもちゃだとやがて使わなくなってしまうしなぁ。

おままごとセットも購入しようか、どうしようかと思いながら、リアルにいっしょに台所に立つことで買わずにいるんだけれど。

常に危険と隣り合わせ。

使い方を誤ればけがをしてしまう。

そのための練習道具であるのがおもちゃなのかな?と思います。

ただ、準備体操なしにいきなり試合に出ろといわれても実力を発揮できないという可能性もあります。

練習がしたいと思っているかもしれません。

何回も本番をこなせば、本番が練習となり、さらに高みを目指せるんじゃないかとも思うのです。

といろいろ言ってみますが、タブレットのおもちゃを買うのがいいのか、実際のタブレットでアプリを買うのがいいのか、どうなんだろう。

おままごととお料理やお菓子作り、どうがいいんだろう?

やっぱり両方することでバランスが整っていくのかな?

世のお母さま方、教えてくださーーーーい。

子どもがお試しに夢中になっている姿を目撃し、買おうか悩んでいるタブレットと同じタイプのもの。





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児