So-net無料ブログ作成

買い替え時に悩む子ども用の水筒の種類 [子ども]

保育園とお出かけの時にも使う水筒。

我が家の水筒は早くも3代目です。

一年半ごとぐらいに買い替えていて物持ちが悪いです・・・。

1代目は、アンパンマンの水筒。

ストローの吸い上げの方のパーツが無くなったのと、模様が消えたので買い換えました。

2代目は、キティちゃんの水筒。

フタの部分が外れるようになったのに加えて、フタの小さなストロー抑えの部分が無くなり、お茶が漏れてびしゃびしゃになるようになったため買い換えました。

オレンジオイルが入った洗剤で洗っているから回数を重ねると、どうしてもデザインが薄くなってしまうんですよね・・・。


そして3代目!ついこの間買ったばかりなのですが、THERMOSの水筒です。



これであったかいのも冷たいのも飲めるぞ!と思っていたら、買った後に気付いたのですが、なんと「保冷専用」だったのです。

「・・・。」

「まっ!これからの時期暑くなるからいっか!」

ポジティブシンキングです。


子どもの水筒を選ぶ時は種類に悩みませんか?

両手で持てるもの



ストローで飲むもの



コップで飲むもの



直接飲むもの



直のみとコップのみが兼用できるもの



と成長に応じて水筒も変化していきます。

今回は、コップつきの物も大丈夫かな。と思ったのですが、まだ注ぐときに自分で支える手の力が足りてなさそうだったので、ストロータイプにしました。

だいたいがセットだったり、水筒についていることが多いのですが、ショルダーベルトがついていないものを購入する場合には、水筒カバーを買う必要があるでしょう。



園に持っていくようであれば、自分で水筒でお茶を注げるようになるまでは、ストローで飲むものがよいでしょう。


あとは、保冷や保温機能も充実させたいですね。
小さいうちはお腹を冷やさないため常温で飲む事が多いので、保温・保冷機能がないものもあります。

後は素材。

素材が軽いものであれば自分で持てます。

中身が入っていない水筒だけなのに重い・・・となると自分で荷物を持つようになる子どもには少し負担なのかもしれません。

私も小さい頃、水筒をよく変えていましたが、大人になってそれを使うと案外使えるので物置の隅に置かれていたのを引っ張り出して使っていました。

パッキンが緩くなってもう捨ててしまいましたが・・・。

飲料用として使うほかに調味料を入れて置いたりするのに使って、縦型に収納。
高さはある程度必要ですが、横のスペースを広く使う事ができます。

マグマグもそうですが、ストローの部分だけが壊れたなら、ストロー部分だけ買い替えてしまえば、また使えたりします。




メーカーさんによっては、パッキンなどのパーツも販売されている場合もあるので、買い替えを考えておらず、長く使う場合には交換パーツも充実したメーカーさんの水筒を買ってみるのもいいですね。







入園時で最初に買うなら、お弁当などとセットになっているものだとお買い得に購入する事もできますね。





スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから