So-net無料ブログ作成

時間がかかるお見送り [保育園]

お着替えに支度と時間がかかるので、最近また手伝うようになりました。

すると、保育園に行く前に、いやだ、いやだ、とごねるようになりました。

お別れの時もだっこだっこになってしまいました。


帰ってきて、言えば、手洗いして、洗濯物やお弁当箱を自分でリュックから出すという事も習慣化できるようになってきました。

言えばできる、やればできるんですが、やはり子どものペースで物事を進めようとすると時間がかかります。

ただ、そこで手伝ってしまうようになると、ふりだしにもどってしまうという気がします。

トイレトレーニングもそれで長くかかったような気がします。

時折、お風呂に入る前にお洋服を脱ぐ時に、「できない~!」とまた言うようになりました。

保育園に行く前、朝のお着替えを手伝うようになったからか!と気づきました。

靴も逆を履くようになったし、保育園行く前の「いやだいやだ」もちょっと前にやっていた事。

子どもができる範囲の行動を狭めてしまった扱いをしたせいか、その時期の行動に逆戻りしてしまったわけです。
反省。

時間がないから、と手を出してしまうのは、やはり長い目で見て考えると、「自分はできるのにやらなくていいんだ」「やってくれるから、やってもらおう」と言う考えにつながってしまいます。

で、やらなくなると「どうしてこれまでやってくれていたのに、やってくれないんだ!」というやり場のない怒りや悲しみを生み出してしまい、依存的な甘えにつながるのではないかと思います。

手伝わない事も子どもをひとりの人間として尊重する事なのかな、と。


ただ、入り口に入ってから教室に行くまでが長いこと長いこと…。

ルーティン化してしまっているから、やらないと気が済まない感じになっているのでしょうが、ずーっとやり続ける。

これはいい事なのか悪い事なのか。

目的地までの寄り道と考えるか、必然的なルートと考えるか。


何組もの親子連れを見送り、どんどん抜かれていく・・・。

徒競争じゃないんですがね。

時間もあるので、ちゃっちゃっとお見送りしたい。

同じ1つの物事でも慣れてきたら、目的地まで少しは時短できるんじゃないかなぁ・・・と思ったら、また別の物事が気になって・・・みたいな感じです。

仕事も同じですが、一度チェックして変わらない事、ちょっとした変化に気付く為、毎日チェックして様子を確認しなければいけない事、暗記するまでやって覚えたらやらなくていい事、やりたい気持ちはあるけれどやらなくてもいい事、とわけて行動を促していくようにこれからは声掛けしていこうと思います。


スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから