So-net無料ブログ作成

絵本をまとめて10冊読み聞かせ [絵本]

図書館に返却する前に、全部の絵本に目を通したかな、と言う意味も込めて、10冊すべての絵本を読みました。

7冊くらいは一気に読んで、間にお風呂休憩をはさみながら。

絵本だと、大人は一気に簡単に読めますが、子どもの難易度から言ったら、教科書10冊読んで・・・というのは少しハードなような気がします。

すべてディックブルーナさんの絵本を借りたから、簡単に読めたと言うのもあるけれど、1冊が長編だったら大変でしたね。

途中ちゃれんじの絵本も何回も読んだりしていました。

ちゃれんじの絵本の方は、しまじろうがぞうたくんと譲り合うお話でしたが、「読んで聞かせて?」というと「むずか~しい~!」という返答があり、夕ごはんの支度中ですが、見ながら読んで聞かせると、あとで卵焼きを作るのをお手伝いしてくれました。

図書館で借りた絵本は、多分3回ずつくらいは最低読んだかなぁ?と思ったのですが、載っている言葉が少ないと、特に難しいということなく復唱したり、補完するような言葉を足したり、読めています。

足し算の絵本を読んでいたのですが、例えば1+2=3のような絵が載っているのですが、全ての数を数えて1,2,3と言ってしまったために、総数を一つずつ数える手法を覚えてしまい、それぞれ別のものを分けて足す、足し算の概念というものが分かったのかどうか、と言うところです。

例えばスプーンが1つ、フォークが2つ、全部でいくつ?的なやり取りができたら良かったのでしょうが。。。

うぅむ。

絵本を読んで聞いて疲れているかな、早く眠るかな?と思っていたのですが、ワールドカップでなかなか眠らない我が子なのでした。

寝る前に読んで、脳に記憶として定着させたかったのにな、あはは・・・。

たまに視線がTVを向くことはあっても、嫌がる素振りもなかったので、読むことができました。

違うことしたいと言ったら変えるつもりでしたが、絵本などのストーリーを聞くことは好きなのかな?と思いました。

スポンサードリンク


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

当ブログのメールでのお問い合わせは こちらから