So-net無料ブログ作成

旬の国産の果物を食べる [西日本豪雨災害]

暑くなってきましたね。

我が子はりんごが好きですが、こないだりんごを探しに行ったら置いていなかったので、別の果物を買いました。

後別のところにりんごが置いてあったので購入したのですが、やはり時期外れもあり、秋から冬にかけてのキリッとした食感や内側に蜜がなく少し残念でした。

外皮の周辺部に糖分が出ていってしまっているのか、少しぼやけた食感になってしまっていました。

時期外れでも食べたい、というニーズに応え、果物などは年中販売されているものもあります。

我が家では、パイナップルとバナナ(フィリピン産)を常備フルーツにしていたのですが、少しずつ旬に応じて食べるものを変えていこうかと考えています。


より味を追求するなら、シーズンごとで入手先の栽培地を変えていったりするところもあるようです。


夏はめっぽうパック入りのカットスイカだったのですが、初めて、鳥取産の櫛形切りのスイカをそのまま買ってみました。

甘くておいしい。

鳥取は砂丘で有名ですし、震災被害があった熊本もスイカがよく販売されていますが、たくさんの土砂を利用したスイカの栽培が今度は広島県でも流行りだすかもしれませんね。

あえて、時期外れのものは全く置かず旬のものを取り揃えるのも、供給量に応じているので、安く売り出すことができます。

この間は、価格の安いアメリカンチェリーを買おうかどうしようか悩んでいたのですが、若干価格の高い山形産のさくらんぼを購入しました。

アメリカンチェリーの甘さになれているのですが、久しぶりに国産のさくらんぼを食べると上品な甘酸っぱさが在りました。

ショートケーキに使ったらおいしいんだろうなぁ。と思いつつも、そのまま食べちゃいました。


尾道は今まだ断水中ですが、尾道産のぶどうを食べながらニュースを見ていると複雑な気持ちになるものです。

まだ封を開けてはいませんが尾道産の桃も冷蔵庫の中で冷えて今か今かと出番を待っています。

尾道市はフルーツの町です。
レモンにはっさくやみかんのイメージが強いですが、ぶどうや桃、いちじくなども栽培されています。

入荷は一定量入荷され、店頭に並ぶ地点ですでに農家さんにはお金が入っているのは承知の上です。
広島県内でも安芸高田市や三次市などさまざまなフルーツの栽培地があるのですが、こんな時なので災害の影響の大きかった地域のものをどこに行ったかわからない寄付に回すよりかは、はっきりと目に見えて分かる形にしたいと思いました。
お互いにメリットが有るWin-winの関係性で、地産地消し、日常生活が目まぐるしく回ることで早い回復を促すのではないかと思います。

なるべくリアルタイムの消費をして、仕事をした上で生活費に帰ってくるようなイメージです。
仕事の頑張りとして返ってきているなら、変に劣等感を抱くこともありません。

この災害がたとえ国と国の戦争、もしくは国内の見えないテロだとしても、寄付金依存に慣れてしまって地方の力や個の力を低下させないことで、あるべき日常が早く帰ってくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから