So-net無料ブログ作成

時間を意識して行動したい [しつけ、親の姿勢]

子どもと大人は時間の流れが全く違います。
子どもの時間に合わせると、大人の時間がずれ込んでしまいます。

もともと時間の区切りをきちんとしていない私がいけないのでしょうが、時計を見て時間を意識して行動する事が難しいように思えます。

対策としては、

①早寝早起き
②食事・就寝の時間を揃える

毎日常にやるスケジュールは固定化して、書き出してみようと思います。
家でもギチギチに時間を縛られたくない、と思うかもしれませんが、人は知らず知らずのうちに同じサイクルを作り出していっています。

それなら、最初から決めていたほうがいいかと。

何時前後、と最初は大まかに決めてみましょう。

子どもに時間管理の徹底を求めるなら、その分大人はもっと時間管理を徹底しなくてはいけません。

あれやって、これやって、とその時に対応することは最初に必要になりますが、ある程度の時間をさいてきたなら、ある程度予測が立てられるようになるからです。

この人、預言者か?!

と人の発言を予測できる人もいますが

〇〇でしょ?

と言われて、あれ?違うけどなぁ・・・と思う場合もあります。

求めるものの違いもあるでしょう。

子どももできるだけ自分のやりたいことの時間が確保できるように、固定の時間を決めてあげることで、自分のやりたいこともできるようになります。

子供にとって、自分にとっても一日一日メリハリをつけて行動できたらな、と思うのでした。

スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから