So-net無料ブログ作成

おもちゃの配置によって、使用頻度が劇的に変わる。 [子ども]

リビングのおもちゃを別のお部屋の押し入れに収納して、開きっぱなしの状態にしていました。

なかなかおもちゃを出して遊ぶことが少なくなり、DVDや動画を見る時間が増えました。

実家からカラーボックスを回収したので、それを子供用洋服入れとしてリビングに置いて、中央にTVを置いて、バランスが取れるようにおもちゃが入ったカラーボックスを並べました。

すると毎日いろんなおもちゃで遊ぶようになり、スマホや動画よりも塗り絵や磁石で書けるアンパンマンの落書き教室、アンパンマンキッチンなどを手に取るようになりました。

おそらく、わが子は自分の部屋で遊ぶよりか、みんなの声がするリビングで遊ぶほうがイイのかもしれません。

自分の部屋を持ったとしても、主に物置きや寝る時だけで、友達などが遊びに来た時、子供同士で気兼ねなく遊べるというメリットはなかなか回数も限られてきます。

もし勉強などで分からない事があったり、できないことがあるととすぐ誰かに聞ける状態である場所はリビングであり、結局リビングで勉強するようになります。

遊びと学びは若干異なりますが、常に居心地がよく動きやすい環境を用意することが私の役目なのかな?と思っています。

見栄えもある程度大事ですが、使ってほしいものや使う可能性があるものは使い勝手の良い位置に配置することが大事なのかもしれませんね。

スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから