So-net無料ブログ作成

こどもちゃれんじほっぷ、カラフル鉛筆、ひらがなパソコンのカードが届きました♪ [こどもちゃれんじ]

1本で4色の色が書ける3角鉛筆のカラフル鉛筆トレンディ。
カラフルだけれど、私は4色ボールペンの方がいいなぁ、という実感です。

三角鉛筆、小学校低学年の頃、使っていましたが、文字の書き始めなど握りやすさを重要視しているのかもしれません。

スムーズに正しい持ち方が覚えられるというメリットがあります。

我が家の鉛筆は、丸なので、握るときにまだなれていないのか、握り方が微妙な感じになってしまっていましたが、より正しいやり方でやりやすい道具を揃えるのも正しい習慣が身につく方法です。

赤・青・オレンジ・緑の配色位置を把握して、使いたい色の部分に傾けて使う事で色の使い分けができます。

4色ボールペンの用に色の部分を押せば、その色が出る。

一見その方が楽なように感じますが、カラフル鉛筆の使い方さえ知れば、動きを最小限に減らすことができ、たくさんのものを早く書くことができます。

ほとんど回転と、傾きの角度調整のみで済むでしょう。

そのようにこの子達の世代が大人になったら、いろんな視野でものごとの微調整を行うことが必要となるのでしょうか。

削り方の角度や使用頻度によって、配色のバランスが変化しますので、大人も(子どもに求められたら)本人が望むようにちゃんと削って上げることで、子どもの書きたいものを実現しやすくできるでしょう。

紙のカードを挿して使用するひらがなパソコン。
我が家には私が昔使ったレターメイトがありますが、要はタイピングライターのイメージに近いです。

文字、そして文字を見極める判断材料となる絵をパソコンくんが指示してきます。

しまじろうの声で言ってくるのですが、音声合成で単語を新しく作って、読ませることができます。

ちょっと時代を感じる教材なのでした。


スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから