So-net無料ブログ作成

こどものお願いすぐに叶えてる?将来相談される親には [しつけ、親の姿勢]

子どもが言ったお願い事をすぐに叶えていますか?




子どもに対して、こうなってほしい。あぁなってほしい。と思っていませんか?

親は子どもに対してお願いすることが多い一方で、子どものお願い事は叶えられているでしょうか?

子どもが親にするお願いごとをする時って

「お腹空いた」

という状態を表す言葉を使ったり、

「ご飯食べたい」
「公園行きたい」

といった「~したい。」と言った要望の伝え方をします。

その言葉を言われたら、なるべく早く要望を叶えることが求められます。

わがままを言うようになる


すぐにお願いごとを叶えていると、わがままな子に育つんじゃないか?

自分のお願いごとは言うとすぐに叶うと思うようになると、

周囲の人に命令したり、横柄な態度になったりしてきます。

小さい子どもは、周囲の大人の喋り方をすぐにマネをします。

「メシ!」「ふろ!」「おい!」「しなさい!」

はたしてそれでいいんでしょうか?

大勢でいると自分の希望が叶えられないこともあります。

自分!自分!で周囲を困らせたりしないか、今一度考えてみましょう。

親の都合と子どもの都合


料理や家事をしている時や手が離せない時に、子どもは甘えてきます。

忙しい時に限ってそうです。

仕事が忙しい時に限って体調を崩したりします。

親の目が届かないと子どもは寂しがります。

タイミングを掴むのが重要


子ども「公園に行きたい!」

親「家事をしているから、ちょっとまってね~。」

子ども 別の遊びをはじめる

親「終わったよ~!行こうか~!」

子ども 「今それどころじゃない。行かない。」

親「(急いで家事を終わらせたのは何だったんだろう・・・)チーン」

うちの話です(爆)

子どもの願いを叶えるチャンスは前髪しかない、ってことです。

言ってもムダ、が親子を遠ざける


大きくなるとある程度「これを言ってはダメ」みたいなことが見えてきます。

親が子どもを強く叱ることが多かったり、命令することが多くなると、子どもは親から離れていきます。

「あの人は話を聞いてくれない。言ってもムダだから。」と諦めるようになります。


このように「したい!」と言う前に諦めたり、親の目の届かないところで実現するようになるのです。

相談される親とは?


子どもの話をよく聴き、子どもが欲しいというタイミングで願いごとを叶える、もしくはそれに準ずることをしてあげられる親になることです。

どれだけものを与えても欲しいものじゃなければゴミです。

「こんなことがして欲しいんじゃない!」

「こんなにしたのに!」

というすれ違いは話をよく聞いていれば防げます。

子どもの話を聞くのはタダです。

話を聞いてくれただけでよかった。で済む場合もあります。

大きくなると「~したい」よりも「~します」と使うことが求められますが、自分で自分の願いくらい叶えられる人でいることが求められます。

だけれど、もしそれが難しい場合には親としてどのように子どもを支えていくかを考える必要があり、そのヒントは会話から導き出されるのです。

少しでも多くの会話をして、子どものお願いを叶えて行くお手伝いをして、子どもの幸せな顔が観たいものですね。



スポンサードリンク


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから