So-net無料ブログ作成

小さいうちからキレイな字を書けるようになるには [しつけ、親の姿勢]

3歳後半から絵本のひらがなを一冊読めるようになり、
ひらがなを書けるようになってきました。

「3歳でひらがなが書けるようになったってすごいじゃん!」

と夫は言っていたのですが、

私としては、


そうかなぁ~?




程度でした。

褒めてやるのは夫の方が得意のようです。

その理由としては、

・絵本の読み聞かせも小さい頃していた
・あいうえお表で日々発生練習
・書き順を時々やって見せていた
・こどもちゃれんじのDVD内のひらがななぞりんの告知を何度も見ていた
・絵本やキッズワークの文字を上からなぞるようになっていた

からです。

やらない、できないから、 いきなりできる瞬間が訪れるのはやはり感動ものです。

小学校に入るとひらがなや漢字を書きますが、

まずなぞるところから始まり、

お手本を見て書いて、

最後に何も見ずに自分で書く

ようになります。

下に書いてある線をそっくりそのまま再現できる子は、
型に合ったきれいな字が書けるようになります。

何回も何回も繰り返し書きます。

何も見ずに自由に書く段階は、
キレイに書けるようになってからそれが板についてからです。



最初は時間をかけて、とめ・はね・はらいに注意をしながらゆっくり丁寧に。

こどもちゃれんじでは、

すー・ぴたっ・すー♪
すー・ぴょん♪

と音にのせて文字を書きます。

書道でも、一定のリズムにのって一文字を書きます。


1.丁寧になぞること
2.とめ・はね・はらいに注意をすること

でキレイな文字が書けるようになります。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:育児
当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから