So-net無料ブログ作成
しつけ、親の姿勢 ブログトップ
前の10件 | -

口を酸っぱくして言うと… [しつけ、親の姿勢]

玄関から上がる時、靴を揃えるように、

小さい頃口を酸っぱくして言っていました。

「靴を揃えて!」

「つま先はお外の方に向けてね」

「また散らばっとる…」

揃えている時は

「えらいね」と

褒めたりもしていたのですが、

前者の注意する言葉を

最近になってわが子が多用しています。

靴がたくさん出ているのもあるけれど、

時間差で、自分の言っていた言葉を
子どもが言うようになるとは。

口を酸っぱくして言われると、

子どももそういう風になる?

そう考えると、あまり子どもに対して
言い過ぎるのを考えます。

ガミガミしすぎたな、と少し反省しています。

何かをする時には、

言うだけでなくやってみせる

ことが前提にありますが、

言わずにやってみせて、

子どもがある日それに気付くのを待つのがよい
のでしょうか。

できないまま、世に出すと社会に出てから、
苦労することもあるでしょうから、
何らかのタイミングで言う必要はやはりあると言えます。

子どもへの要望の伝え方をもう少し考えようと思うのでした。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

子どもと自分のやりたいことを共有すること [しつけ、親の姿勢]

子どもを育てていると、自分が子どもだった時のことを振り返ることが頻繁に起こります。

自分が子ども時代にできなかったことは子どもに与えてやりたい、

子どもを過去の自分と同化して見てしまいがちですが、

過去の自分と子どもは別人であることを忘れてはいけません。


確かに家では同じ生活をしていて、自然に合わせたりすることもありますが、

保育園や学校に行ったりして、色んな人と関わることで、全て同じ時間を共有するわけではなく、
色んな所から物事を吸収して帰ってきます。

お家で過ごす少ない時間の中で、一緒に時間を過ごすには、誰かの好きなことややりたいことを共有するのが手っ取り早い方法です。

子どもがやっていることを一緒にやるのもいいですが、
時には自分自身が子どもの頃に還って子どもの頃にやっていたことややりたいけれどできなかったことを一緒にやることで、親自身の自己実現欲求を埋めることに繋がります。

そうすることで、親も心の安定を図ることができます。

何もかも自分の過去をトレースするように物事を子どもと共有する必要はありません。

小さいうちから子どもは子ども自身の考えを持っています。
好き嫌いも自分で判断して、取捨選択も自分自身で行います。

自分がやりたいけれどできなかったことは、子どもも思う可能性があります。
好きな時に、物理的にできない、やれないという環境にはなるべくしたくはありません。

それでもできないこともあるでしょう。

ある程度我慢を経験して、できないことをどのようにできるようにしていけばできるのかを
気づいて一緒に話し合って行動したり考えていく機会を作り出すことも必要です。

「お菓子!!お菓子!!!」と子どもがいい、与えたくない親は同じ言葉や冷たい対応で返してしまいがちですが、どのように交渉していくか考え中です。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ジグソーパズルの難易度を上げるには [しつけ、親の姿勢]

親子揃って、それぞれジグソーパズルをしています。

子どもはジェニーちゃんのジグソーパズル。
私はコブクロのジグソーパズルです。
IMG_5472.HEIC
ピースの量や形は全く違っていて、

「難しいパズルやる!」と

私のパズルを一緒にやろうとするものの、
いくつかやっては、
自分のパズルに戻る、と言った感じでパズルをやっています。

お手本となる箱はもうないので、
正直難しい。

色別に分けて、色ごとに組み立ててから全体に
繋がるようにしています。

家にいくつか完成させて、
額縁に入れて飾ってあるパズルもあるのですが、

「このパズルやってみたい!」と興味を持つようになりました。

IMG_5473.HEIC

「これはノリを貼ってるからできないんだよ。」
というと少し悲しげにしていました。

今やっているものより、
少し難しいものに挑戦する、
挑戦しようとする心を伸ばすのに
親子で並んでジグソーパズルに挑戦することはいいのかもしれませんね。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

子どもにイライラした時によく出る言葉と4歳の課題 [しつけ、親の姿勢]

毎日の子育てにイライラ。

今日は怒らずにすんだ・・・と言う日がほしい。

イライラして子どもを怒ったりしていると
頭の中では、こんなの本当の自分じゃないと自己嫌悪に陥ってしまったりして。

子どもの頃の自分は、こんなのじゃなかった。
と子どもと比べる半面、自分の親としての子育てを自分の親と比べてみたり。


イライラすると、

「もういい!」と相手の言葉を遮断してしまうような言葉が出たり、

それじゃいけないと、「好きにしなさい」と相手の自立を促す言葉が出てきます。

食事に置いては食わず嫌いが多くて、食べる前から「いらない」と言って、
お皿からはねて人のお皿の上に載せたりしてイライラ。

「世界には満足に食べれない人もいるのに!一生食べなくていい」

と言い放ったり。

そこまで言うと食べるのですが・・・毎回そこまでのやり取りをするのがしんどい。


お片付けやお着替えは自分でできる年なので、

「ひとりでやって」

「自分でしなさい」

と言います。


他にやりたいことや翌日が早い時は、

「早く寝なさい」

と促しますが、電気を消すまで寝ようとしません。

ああしなさい、こうしなさいという言葉はなるべく使いたくないのだけれど、
イライラすると自然と出てしまいます。


気持ちに余裕がなくなるとイライラしがちですが、
子どもだっていろいろ考えた上で行動を起こしています。

親がどのように反応するか見て覚えていたり。
親がしたことや言われた言葉を反復したり。

まだ子どもだから、と思っていたら大間違い。
大人よりも理解のスピードや記憶力はいいのです。

理不尽なことには、反発するし、
自分のやりたいことを通そうとします。

どこかに通っていれば、その時間は社会に合わせて過ごしているから、
家に帰ってきたらプライベートな時間としてやりたいことをやる!というのもあながち間違いではありません。

ただ、まだやることによっては、大人の許可や誰かの手が必要になってくるので、
そういった事も考えて行動できるようになってほしい。

「公園に行きたい」というお金のかからないことであれば、時間があれば対処します。

「あれ食べたい」「これ食べたい」という要望に対しては、約束をしておいて、
時間を置いて用意します。

お金のかかるものなど物事によっては、すぐにできない事もある、と覚えておく必要があるからです。

そこをまだ理解できないのか、
何度も同じ言葉を繰り返せば物事が通る、と思っているよう。

「どうして?」

と聞いても同じ返答です。

物事をやりたい時に「どうしてやりたいのか」理由と目的が説明できるようになるのが今の課題です。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

こどもが嘘をついたら! [しつけ、親の姿勢]

こどもが嘘をつくのは、

親から叱られることから自分を守る為

です。

何か不都合なことがあると厳しく叱ったりして
いると、真顔で嘘をつくようになります。

何度も嘘をつかれると、

「嘘だな、、、」と予測できるようには
なります。

そうなった時に、こどもの言うことを
どこまで信じてやればいいのでしょうか。

昨日も「ドラえもんチョコエッグのセワシくんのパーツがない。」

と言い出して、探してみるもない。

怒り気味に「どこにやったの?」と聞くと

「最初からついてなかった」と言う。

これは、不良品かな。。。珍しいな。。。

と思いつつ、お客様サービスに連絡するかな。

と思っていたら、見つかりました。

ちょくちょく嘘をつくので、またかよ。。。と思ったのですが、

「嘘はいけないよ」

と言うようにはしました。

しかし、それはエイプリルフール前日。。

嘘が溢れる今日、わが子はいったいどのように思うのでしょうか。。。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

生理について教えていますか? [しつけ、親の姿勢]

オブラートに包む?包まない?


毎月やってくる「あの日」。

「アレ」だから、ナプキン持ってない?

とか、10代から20代の女子の間でも、

【生理】というワードは表に出てきません。

どこか気恥ずかしさがあるためです。

生理もひどく重い子は、

「生理だから」と打ち明けてくれることもありました。

子どもには、小学校高学年くらいになったら
生理について教えようと思っていたのですが、
トイレでの後追いがひどく、
生理の時も見られてしまったので、
きちんと話すことにしました。

2歳か3歳の時でしょうか。

子「これなぁに?」
私「血だよ」
「大きくなったら、あなたも女性だから、
月に一度血が出るんだよ。
子どもを将来産むためにね」
子「えー、でないよー。」
私「まだまだ先のことだからね。」

生理の時のお風呂は、
夫に任せていたのですが、
(特段生理だからというわけでもないですが)、
やはり一緒に入る時もあります。

私はシャワーだけ、
わが子は浴槽に浸かって遊びながら、
流れていく血を見て、

子「いたくないのー?」
私「今は痛くないよー。痛くなる時もあるけどね。」

と言ったりしていました。

家では布ナプキン、
外出先では使い捨てナプキン、タンポンを使用しているのですが、
生理用品の種類も色々あるので、使っているところを見たりしています。

生理は突然やってくる!


学校で教わると言っても、
いざ生理が始まると戸惑います。

ましてや家族から何も聞いていないと、
困ったりした覚えがあります。

具体的な仕組みや構造は聞いても、
対処法は学校では教えてはくれません。

生理用ナプキンのメーカーはあれがいい。
とか
常時何枚、どのように持ち歩く?
とか。

自宅のトイレには
生理用品は必然的にあるので、
適齢期になったら、

生理が来たらいつでも使っていいからね、

と言っておくつもりです。

使っていない布ナプキンも保管しています。

生理の時は憂鬱な気分になりがちですが、
かわいいデザインの布ナプキンをつけることで、
気分を上げてくれたらな、と用意しました。

生理は女性に起こる変化で、女の子だったから教えたのもありますが、
男の子の変化は男親が教えてくれるのでしょうか。

生理中の母親の変化に気づける男の子だと、将来も女性に優しい男の人になるのかもしれませんね。









nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

小さいうちからキレイな字を書けるようになるには [しつけ、親の姿勢]

3歳後半から絵本のひらがなを一冊読めるようになり、
ひらがなを書けるようになってきました。

「3歳でひらがなが書けるようになったってすごいじゃん!」

と夫は言っていたのですが、

私としては、


そうかなぁ~?




程度でした。

褒めてやるのは夫の方が得意のようです。

その理由としては、

・絵本の読み聞かせも小さい頃していた
・あいうえお表で日々発生練習
・書き順を時々やって見せていた
・こどもちゃれんじのDVD内のひらがななぞりんの告知を何度も見ていた
・絵本やキッズワークの文字を上からなぞるようになっていた

からです。

やらない、できないから、 いきなりできる瞬間が訪れるのはやはり感動ものです。

小学校に入るとひらがなや漢字を書きますが、

まずなぞるところから始まり、

お手本を見て書いて、

最後に何も見ずに自分で書く

ようになります。

下に書いてある線をそっくりそのまま再現できる子は、
型に合ったきれいな字が書けるようになります。

何回も何回も繰り返し書きます。

何も見ずに自由に書く段階は、
キレイに書けるようになってからそれが板についてからです。



最初は時間をかけて、とめ・はね・はらいに注意をしながらゆっくり丁寧に。

こどもちゃれんじでは、

すー・ぴたっ・すー♪
すー・ぴょん♪

と音にのせて文字を書きます。

書道でも、一定のリズムにのって一文字を書きます。


1.丁寧になぞること
2.とめ・はね・はらいに注意をすること

でキレイな文字が書けるようになります。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

左利きを矯正しなかった理由 [しつけ、親の姿勢]

わが子は左利きよりの両利き。
2歳から3歳の頃は、左利きでも右利きでも
ぬりえをぬったりしていました。

4歳になった今では、左利きが強くなってきています。

どちらでも良いという立場でずっと過ごしてきました。

左利きを右利きに矯正しなかった理由


左も右も同じように右脳左脳をバランスよく使えるようになって欲しかった
左利きに憧れがあったから
祖母が左を使える人だったから

できないことを矯正される辛さを知っていたから


私自身は右利きで、母は左利きなので中学生の頃必死に
左手でも文字が書けるようにトレーニングしましたが、
全然綺麗な文字が書けず勉強が嫌になってしまった経験がありました。

自分は中学生の頃でしたが、小さい子にそれを強いる事はできませんでした。


できることを無理にやめさせることは
したくありませんでした。
両方の可能性を潰してしまってはいけないとも思いました。

時が経てばできるようになることもある


社会人になって結婚後、義理の母も左手を器用に使えるということで、
両利きになるべくまた左でトレーニングしたところ、
お箸はうまく使えるようになりました。

スマートフォンも両手で打ったりしていましたが、
いまこの記事は左手のみで打っています。
以前よりはストレスなくできています。

教科によって使い分ければいい


昔の人は横書きも、
右から左に書いていました。

縦書きではありますが、右から左に書く国語の文章。
筆圧が強い私は、ノートに記入する時にしばしば文字がすれてにじむこともありました。

横書きは、左から右に書く事が増えていますが、
筆圧が強いとおそらく国語以外の科目は左手で書くとにじむ事が多いのではないでしょうか。

その場合、自分が左も右も使えて選べるのであれば、国語は左手で、その他の授業は右手で書くこともできます。

道具を用意するのが大変


ハサミや包丁の多くは右利きで、
左利きの場合は注文するようになります。
自分で好きなデザインのものを探して用意するとなると探すのが大変です。




左も右も同じくらい

両利きのまま成長していってくれたらいいなと思います。

:追伸:
IMG_5354.HEIC

子どもに強いるのもあれなので、私自身久々に左手で文字を書いてみたら、
以前よりはブレなくなっていたものの、ブレブレでした。

ただ、力加減を微妙に弱めて調整してみると

まっすぐ書けている部分も多少あったので、何回か練習すれば、
うまく書けるようになるのではないかな?と思いました。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

4歳のイヤイヤ期対処法 [しつけ、親の姿勢]

自己主張が強くなる4歳。

あれはキライ、これはスキがより明確になってきます。

食生活では、キライなものは食べない、スキなものばかり選んで食べようとします。

TVや動画投稿サイトでも自分がスキなチャンネルを選んでみたがり、
自分の好みではないチャンネルは「つまらない」「面白くない」と切り捨てます。


おいおい・・・




そして自分の思い通りにならない時は、ここぞとばかりにイヤイヤを発揮し、
思い通りになるまで泣き叫び続けます。


うるさーーーい!




と叱らないために、
イライラしないためにはどのように対処したらいいのでしょうか?

あらかじめ話をしておく


前もって、一定条件を話しておきます。
そうすることで、「言ったでしょ?」と言うことができ、納得させることができます。

おやつを与える時は「おやつは○個までね。」と言って、おやつを与えます。
公園に行く前に「○時までには帰ります。」と言って、家を出る。
お外から帰る前に、「お家に帰ったら手洗い・うがいをしようね。」と言います。
 
すぐに対処する


「チョコエッグ食べたい~!」と言って、そのお菓子がない時でも、スルーせずにすぐ返事をします。
「今はないから、次のお買い物で買おうね」とまず言ってみて、ダメな場合は買いに行きます。

我が家はスーパーよりもコンビニエンスストアが近いので少し割高ではありますが、そのお菓子だけを買いにコンビニエンスストアに駆け込む事があります。

ポイントカードに加えて、LINE pay払いをしています。
期間によってはLINE Pay払いすると20%還元されるので、スーパーで買うのとトントンくらいにはなるのではないでしょうか。

違うものに興味を引きつける


明確に欲しいお菓子がある時、「これが食べたい!」という商品が決まっていると、
他のお菓子をあげることでは納得しません。

まず、全く違うもの、お菓子が欲しい時になっている時には、TVや動画をつけて誘導してみたりして気晴らしをします。

そしてある程度落ち着いたら、「このお菓子食べる?」と聞いてみます。
すると自然と手が伸びてきます。

約束をして、約束を果たす


どうしても欲しい物がある時、やりたいことがある時に、その場では対応できない時には約束をするのですが、なるべく早い近日中に果たす必要があります。

「何も言わなくなったから、まぁいいか。」と約束を果たさずにいると、約束は守らなくてもいいもの、という認識を子どもにも植え付けてしまいかねません。

「前に約束したからしようね」と言ってから、約束を守ることを教えます。

だっこやハグをする


タイミングが違ったり、どうしても叶えられないお願いだったりする時は、
子どもの発信した思いを認めているよ、という意味でだっこやハグをします。

だっこやハグで埋められない寂しさを埋めます。

4歳は言葉である程度自己主張できるようになったとはいえ、
まだ伝えたくとも伝えられないことも多いです。

ギャン泣きしたりしてひどく手遅れになる前に、
子どもを受け止めていけるようになれるといいですね。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

子どもの名前、いつから考える? [しつけ、親の姿勢]

子どもの名前、何にしよう?

安定期に入った頃から、インターネットで姓名判断をしたり、
名付け辞典を買って、画数を気をつけたりしました。

出産ギリギリまで悩んでいて、
子どもが生まれてからつけるリストバンドに書く瞬間も悩んでいました。

100以上の候補から3つまで絞り、そのひとつに決めました。

正確には、出生後14日以内に届け出が必要ですが、

お七夜までに、名付ける人が多いようです。


生まれる前に名付けをして、無事に生まれてきてくれたのですが、
まだ実感がわかず、「名前を変えるかもしれない」と病院の受付で言うと、
1週間以内に言うと、変更してくださるとのことでした。

結局名前は変えなかったのですが、
名前の意味や由来をいくつも考えました。

私が重要視したのは
・どちらの性になっても名前を変えなくて済む名前であること
・運勢(あまり強すぎると人の運を使い果たしてしまうのでほどほどにしました。)
・画数を少なめにして、用紙に記入する時の時短を図ること
・誰でも間違えなく読んでもらえる名前にすること
でした。

名前に込めたのは、
・一日一日成長していって欲しい
・先を見通せる人になって欲しい
と言う思いです。

名前は、特に大きなことがなければ、
死ぬまで名乗っていくものです。

子どもが自分の名前は、どういう風につけたの?

と聞かれる日が来ると思うので、
その時にちゃんと答えられる親でありたいと思いました。





nice!(8)  コメント(0) 
前の10件 | - しつけ、親の姿勢 ブログトップ
当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから