So-net無料ブログ作成
しつけ、親の姿勢 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

小さいうちからキレイな字を書けるようになるには [しつけ、親の姿勢]

3歳後半から絵本のひらがなを一冊読めるようになり、
ひらがなを書けるようになってきました。

「3歳でひらがなが書けるようになったってすごいじゃん!」

と夫は言っていたのですが、

私としては、


そうかなぁ~?




程度でした。

褒めてやるのは夫の方が得意のようです。

その理由としては、

・絵本の読み聞かせも小さい頃していた
・あいうえお表で日々発生練習
・書き順を時々やって見せていた
・こどもちゃれんじのDVD内のひらがななぞりんの告知を何度も見ていた
・絵本やキッズワークの文字を上からなぞるようになっていた

からです。

やらない、できないから、 いきなりできる瞬間が訪れるのはやはり感動ものです。

小学校に入るとひらがなや漢字を書きますが、

まずなぞるところから始まり、

お手本を見て書いて、

最後に何も見ずに自分で書く

ようになります。

下に書いてある線をそっくりそのまま再現できる子は、
型に合ったきれいな字が書けるようになります。

何回も何回も繰り返し書きます。

何も見ずに自由に書く段階は、
キレイに書けるようになってからそれが板についてからです。



最初は時間をかけて、とめ・はね・はらいに注意をしながらゆっくり丁寧に。

こどもちゃれんじでは、

すー・ぴたっ・すー♪
すー・ぴょん♪

と音にのせて文字を書きます。

書道でも、一定のリズムにのって一文字を書きます。


1.丁寧になぞること
2.とめ・はね・はらいに注意をすること

でキレイな文字が書けるようになります。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

左利きを矯正しなかった理由 [しつけ、親の姿勢]

わが子は左利きよりの両利き。
2歳から3歳の頃は、左利きでも右利きでも
ぬりえをぬったりしていました。

4歳になった今では、左利きが強くなってきています。

どちらでも良いという立場でずっと過ごしてきました。

左利きを右利きに矯正しなかった理由


左も右も同じように右脳左脳をバランスよく使えるようになって欲しかった
左利きに憧れがあったから
祖母が左を使える人だったから

できないことを矯正される辛さを知っていたから


私自身は右利きで、母は左利きなので中学生の頃必死に
左手でも文字が書けるようにトレーニングしましたが、
全然綺麗な文字が書けず勉強が嫌になってしまった経験がありました。

自分は中学生の頃でしたが、小さい子にそれを強いる事はできませんでした。


できることを無理にやめさせることは
したくありませんでした。
両方の可能性を潰してしまってはいけないとも思いました。

時が経てばできるようになることもある


社会人になって結婚後、義理の母も左手を器用に使えるということで、
両利きになるべくまた左でトレーニングしたところ、
お箸はうまく使えるようになりました。

スマートフォンも両手で打ったりしていましたが、
いまこの記事は左手のみで打っています。
以前よりはストレスなくできています。

教科によって使い分ければいい


昔の人は横書きも、
右から左に書いていました。

縦書きではありますが、右から左に書く国語の文章。
筆圧が強い私は、ノートに記入する時にしばしば文字がすれてにじむこともありました。

横書きは、左から右に書く事が増えていますが、
筆圧が強いとおそらく国語以外の科目は左手で書くとにじむ事が多いのではないでしょうか。

その場合、自分が左も右も使えて選べるのであれば、国語は左手で、その他の授業は右手で書くこともできます。

道具を用意するのが大変


ハサミや包丁の多くは右利きで、
左利きの場合は注文するようになります。
自分で好きなデザインのものを探して用意するとなると探すのが大変です。




左も右も同じくらい

両利きのまま成長していってくれたらいいなと思います。

:追伸:
IMG_5354.HEIC

子どもに強いるのもあれなので、私自身久々に左手で文字を書いてみたら、
以前よりはブレなくなっていたものの、ブレブレでした。

ただ、力加減を微妙に弱めて調整してみると

まっすぐ書けている部分も多少あったので、何回か練習すれば、
うまく書けるようになるのではないかな?と思いました。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

4歳のイヤイヤ期対処法 [しつけ、親の姿勢]

自己主張が強くなる4歳。

あれはキライ、これはスキがより明確になってきます。

食生活では、キライなものは食べない、スキなものばかり選んで食べようとします。

TVや動画投稿サイトでも自分がスキなチャンネルを選んでみたがり、
自分の好みではないチャンネルは「つまらない」「面白くない」と切り捨てます。


おいおい・・・




そして自分の思い通りにならない時は、ここぞとばかりにイヤイヤを発揮し、
思い通りになるまで泣き叫び続けます。


うるさーーーい!




と叱らないために、
イライラしないためにはどのように対処したらいいのでしょうか?

あらかじめ話をしておく


前もって、一定条件を話しておきます。
そうすることで、「言ったでしょ?」と言うことができ、納得させることができます。

おやつを与える時は「おやつは○個までね。」と言って、おやつを与えます。
公園に行く前に「○時までには帰ります。」と言って、家を出る。
お外から帰る前に、「お家に帰ったら手洗い・うがいをしようね。」と言います。
 
すぐに対処する


「チョコエッグ食べたい~!」と言って、そのお菓子がない時でも、スルーせずにすぐ返事をします。
「今はないから、次のお買い物で買おうね」とまず言ってみて、ダメな場合は買いに行きます。

我が家はスーパーよりもコンビニエンスストアが近いので少し割高ではありますが、そのお菓子だけを買いにコンビニエンスストアに駆け込む事があります。

ポイントカードに加えて、LINE pay払いをしています。
期間によってはLINE Pay払いすると20%還元されるので、スーパーで買うのとトントンくらいにはなるのではないでしょうか。

違うものに興味を引きつける


明確に欲しいお菓子がある時、「これが食べたい!」という商品が決まっていると、
他のお菓子をあげることでは納得しません。

まず、全く違うもの、お菓子が欲しい時になっている時には、TVや動画をつけて誘導してみたりして気晴らしをします。

そしてある程度落ち着いたら、「このお菓子食べる?」と聞いてみます。
すると自然と手が伸びてきます。

約束をして、約束を果たす


どうしても欲しい物がある時、やりたいことがある時に、その場では対応できない時には約束をするのですが、なるべく早い近日中に果たす必要があります。

「何も言わなくなったから、まぁいいか。」と約束を果たさずにいると、約束は守らなくてもいいもの、という認識を子どもにも植え付けてしまいかねません。

「前に約束したからしようね」と言ってから、約束を守ることを教えます。

だっこやハグをする


タイミングが違ったり、どうしても叶えられないお願いだったりする時は、
子どもの発信した思いを認めているよ、という意味でだっこやハグをします。

だっこやハグで埋められない寂しさを埋めます。

4歳は言葉である程度自己主張できるようになったとはいえ、
まだ伝えたくとも伝えられないことも多いです。

ギャン泣きしたりしてひどく手遅れになる前に、
子どもを受け止めていけるようになれるといいですね。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

子どもの名前、いつから考える? [しつけ、親の姿勢]

子どもの名前、何にしよう?

安定期に入った頃から、インターネットで姓名判断をしたり、
名付け辞典を買って、画数を気をつけたりしました。

出産ギリギリまで悩んでいて、
子どもが生まれてからつけるリストバンドに書く瞬間も悩んでいました。

100以上の候補から3つまで絞り、そのひとつに決めました。

正確には、出生後14日以内に届け出が必要ですが、

お七夜までに、名付ける人が多いようです。


生まれる前に名付けをして、無事に生まれてきてくれたのですが、
まだ実感がわかず、「名前を変えるかもしれない」と病院の受付で言うと、
1週間以内に言うと、変更してくださるとのことでした。

結局名前は変えなかったのですが、
名前の意味や由来をいくつも考えました。

私が重要視したのは
・どちらの性になっても名前を変えなくて済む名前であること
・運勢(あまり強すぎると人の運を使い果たしてしまうのでほどほどにしました。)
・画数を少なめにして、用紙に記入する時の時短を図ること
・誰でも間違えなく読んでもらえる名前にすること
でした。

名前に込めたのは、
・一日一日成長していって欲しい
・先を見通せる人になって欲しい
と言う思いです。

名前は、特に大きなことがなければ、
死ぬまで名乗っていくものです。

子どもが自分の名前は、どういう風につけたの?

と聞かれる日が来ると思うので、
その時にちゃんと答えられる親でありたいと思いました。





nice!(8)  コメント(0) 

公園に寄り道して帰るには [しつけ、親の姿勢]

帰り道に公園を見かけると、

遊びたいのか、公園に行きたいと言い出します。

最初は寄り道はいけない、まっすぐ家に帰る、と
決めていました。

だけど、子どもはまだお外で遊びたいと言うのなら、
それもいいのではないかと思うようになりました。

お迎え後、公園に行くためには、

先に、晩御飯の支度をしておく
夕飯は簡単なものにする
つくりおきをしておく

ことで、時間を捻出できます。

遊ぶ時間は30分程度。
少し物足りないかもしれないけれど、
このくらいで、抑えています。

ご飯の時間もあまり遅くなってはいけないので。

のびのびと遊ぶわが子を見て、体力があるなぁ、と思うのでした。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

子どものお風呂時間、どうしてる? [しつけ、親の姿勢]

子どもとのお風呂時間は、食事時間と同様の貴重なコミュニケーションの時間のひとつです。

毎日お風呂に入ってる?


子どもとお風呂に毎日1回入らなければならない、そう思っていませんか?

夏場は汗をかくし、お昼にお風呂やシャワー、プールに入ったりしますが、晩にもお風呂に入ります。

冬場は風邪を引いたらお風呂には入りません。濡れタオルで体をふく程度です。

また夜の遅い時間になると、湯冷めするのが不安なので遅くなると入らず、
翌朝や翌昼に回すこともあるでしょう。

災害時は断水される場合もあり、お風呂に入れないこともあるので、
毎日1回お風呂に入れなくとも、入れる時に入る、というように思うようにしています。

おもちゃで遊ぶ


自分が体を洗っている最中は、湯船で水鉄砲や重ねるおもちゃ、浮かぶおもちゃ、で遊んでいます。

数を数える時間にする


1~10まで数えて体内時計を鍛えます。
10まで数えられるようになったら、20まで。
20ができたら30まで、と徐々に数を増やしていきます。

ひらがな時間にする


耐水性のひらがな表を貼って、書いている絵をさして「これなぁに?」と質問したり、
一文字ずつ発音していきます。

英語時間にする


日本語同様英語のアルファベット表を貼っています。
お風呂の時間だけ英語でコミュニケーションをとったりしています。

お歌をうたう


保育園で習ったお歌を一緒に歌ったり、TVで流れる歌やその季節の歌を一緒に歌ったりしています。
夜遅くに入ると声量が気になるので、早目の時間に入浴した時に限っています。


タグ:お風呂 時間
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

4歳でできること、できなくなること [しつけ、親の姿勢]

4歳にはできること


・ひらがなや数字がかけるようになる
・言われたことを理解し、行動できるようになる

時折できなくなること


・園から持ち帰った道具の片付け
・靴を履いたり、服の着脱
・じっと1箇所に座っていること

自分で考え、行動できるようになった反面、できていたことを甘えてやらなくなる事がしばしば出てきます。

ある部分が成長すれば、他の部分に反動が出るのは仕方がないことです。
もう4歳になったのだから、と思っていてもぐっとこらえましょう。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

自分が嫌い、と告白された時にする対処法 [しつけ、親の姿勢]

もし、大切な人に「自分が嫌い」と言われたら、その関係は赤信号です。

信頼してくれているから言っている、のではありません。

言われた方は「悲しい」と思うでしょうが、それまでにその人はそれ以上の悲しみを受けても我慢してきたのです。

もうそばにいられません。

最後通告と言って過言ではないでしょう。

では、一体どうしたら、「自分が嫌い」な状態から脱出してもらえるでしょうか?

他人と比較しない


自分が自分の話をすると、いつも他人の話をされる。

いつもよその人ばかり褒める。

よその人を褒めるのはいいけれど、自分と比べないでほしい。

そういった気持ちがあります。

やがて、この人は目の前の自分と話をしてくれないんだ、自分の話は価値がない、自分は価値がない人間なんだ、と思うようになります。

初期段階では、人と比較する相手が嫌いと思うこともあるでしょう。

相手が嫌い!だけれど人を嫌いになりたくない。人を嫌いになるのは悪いこと、

そう思い始めると、やはり自分は価値がないのだ、と思うようになります。


色んな人と話をする機会を設ける


自分が嫌いな人は、自分の内の方に意識が行きがちになります。

どうせ好きになってもやがては嫌われる、それなら人と会話しない方がいい。と思い外出しなくなるでしょう。

うまくいっていないのは、今繋がりがある人間関係であって、他の人はそうとは限らないのです。

違う地域に足を運んだり、同じ趣味の人とインターネットで会話をしたりするだけでも気分転換になります。

役割を押し付けすぎない


あれをしてほしい。

これをしてほしい。

その人のできる範囲を超えたことをお願いしていませんか?

本当にできないことだと爆発してしまいます。

自分でできることは自分でやりましょう。

ハグをする


コミュニケーションで他人との距離感がうまく取れなかったりすると、寂しさや怒りが表面化し、腹が立ちます。

言葉で伝わらない場合が多いので、とにかくスキンシップを取りましょう。

離れた心を取り戻せるかもしれませんよ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

こどものお願いすぐに叶えてる?将来相談される親には [しつけ、親の姿勢]

子どもが言ったお願い事をすぐに叶えていますか?




子どもに対して、こうなってほしい。あぁなってほしい。と思っていませんか?

親は子どもに対してお願いすることが多い一方で、子どものお願い事は叶えられているでしょうか?

子どもが親にするお願いごとをする時って

「お腹空いた」

という状態を表す言葉を使ったり、

「ご飯食べたい」
「公園行きたい」

といった「~したい。」と言った要望の伝え方をします。

その言葉を言われたら、なるべく早く要望を叶えることが求められます。

わがままを言うようになる


すぐにお願いごとを叶えていると、わがままな子に育つんじゃないか?

自分のお願いごとは言うとすぐに叶うと思うようになると、

周囲の人に命令したり、横柄な態度になったりしてきます。

小さい子どもは、周囲の大人の喋り方をすぐにマネをします。

「メシ!」「ふろ!」「おい!」「しなさい!」

はたしてそれでいいんでしょうか?

大勢でいると自分の希望が叶えられないこともあります。

自分!自分!で周囲を困らせたりしないか、今一度考えてみましょう。

親の都合と子どもの都合


料理や家事をしている時や手が離せない時に、子どもは甘えてきます。

忙しい時に限ってそうです。

仕事が忙しい時に限って体調を崩したりします。

親の目が届かないと子どもは寂しがります。

タイミングを掴むのが重要


子ども「公園に行きたい!」

親「家事をしているから、ちょっとまってね~。」

子ども 別の遊びをはじめる

親「終わったよ~!行こうか~!」

子ども 「今それどころじゃない。行かない。」

親「(急いで家事を終わらせたのは何だったんだろう・・・)チーン」

うちの話です(爆)

子どもの願いを叶えるチャンスは前髪しかない、ってことです。

言ってもムダ、が親子を遠ざける


大きくなるとある程度「これを言ってはダメ」みたいなことが見えてきます。

親が子どもを強く叱ることが多かったり、命令することが多くなると、子どもは親から離れていきます。

「あの人は話を聞いてくれない。言ってもムダだから。」と諦めるようになります。


このように「したい!」と言う前に諦めたり、親の目の届かないところで実現するようになるのです。

相談される親とは?


子どもの話をよく聴き、子どもが欲しいというタイミングで願いごとを叶える、もしくはそれに準ずることをしてあげられる親になることです。

どれだけものを与えても欲しいものじゃなければゴミです。

「こんなことがして欲しいんじゃない!」

「こんなにしたのに!」

というすれ違いは話をよく聞いていれば防げます。

子どもの話を聞くのはタダです。

話を聞いてくれただけでよかった。で済む場合もあります。

大きくなると「~したい」よりも「~します」と使うことが求められますが、自分で自分の願いくらい叶えられる人でいることが求められます。

だけれど、もしそれが難しい場合には親としてどのように子どもを支えていくかを考える必要があり、そのヒントは会話から導き出されるのです。

少しでも多くの会話をして、子どものお願いを叶えて行くお手伝いをして、子どもの幸せな顔が観たいものですね。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

子どもの誕生日プレゼント、何がいい?おもちゃ屋さん体験談 [しつけ、親の姿勢]

あと少しで、子どもの誕生日。

「子どもの誕生日プレゼント、何にしようか~?」と言われ、「はっ!」と気づきました。
とりあえず当日ケーキは用意しようか、ということになりました。
プレゼントは旅行先で買ってもいいんじゃないかな♪と思っています。

一歳の頃は初節句と同じ日に誕生日祝いをやりました。

初節句の計画をし、
選び取りで将来を占い、
発覚した卵アレルギー対策の手作りケーキを作り、
おむつケーキを作りました。

二歳は生まれたときから伸ばしていた髪を切り筆の里工房で胎毛筆にしました。

三歳は将来できることとできないことが出てきた時にどのように組み合わせていくかを考えるプラレールにしました。

わが子も四歳。
今年はディズニーに行く計画を立て、今から楽しみにしています。

これまで毎年誕生日プレゼントを決める時には、いろいろありました。
私が思ったことは以下です。

・体験をプレゼントする

・おもちゃをプレゼントする

・おもちゃ屋さんに行ったら試供品のおもちゃで遊ぶ

・おもちゃから離れない

・あらかじめ購入するおもちゃを決めておもちゃ屋さんにいく

・下調べの時には、子どもを連れて行かない

・サプライズで親がプレゼントを決めていい?

・広告やインターネットを見せてから、欲しいおもちゃを決める

・おもちゃ屋さんには、買うときだけ子どもを連れて行く?

お出かけ時間によっては、ご飯が遅くなったりするので時間をうまく活用したいですね。


体験をプレゼントする





誕生日、もしくはその周辺で家族旅行を企画するといいでしょう。

普段できないような体験は思い出に残ります。

動くことが好きなら、遊園地、大きな公園
ものを観たりするのが好きなら水族館、動物園、博物館、美術館

でしょうか。




おもちゃをプレゼントする


親の子どもへのわかりやすい愛情表現がおもちゃをプレゼントすることです。
「誕生日おめでとう」という言葉と態度で表現されることで子どもの自信や満足感にも繋がります。

忙しくて休みを取れずどこにもお出かけできない時でも、
おもちゃを買えば空き時間にいつでもお家でいっしょに遊んだりできます。

おもちゃ屋さんに行ったら試供品のおもちゃで遊ぶ





おもちゃ屋さんに行くと商品のおもちゃの前においてある試供品のおもちゃでよく遊んでいます。
時間も余裕がある時に行くので、いろんな種類のおもちゃを手にとって遊んでいます。

時々、おなじように試供品のおもちゃ遊ぶ子と一緒に遊んだりして楽しんでいます。

おもちゃから離れない


「帰るよ~」と言ってもタイミングじゃないのか、なかなか離れません。

試供品のおもちゃは、おもちゃ屋さんに行けば遊べると思っちゃうんですが、そりゃ、子どもからしたら帰ったらそのおもちゃは家にないし、今度また遊べるかどうかわからないから離れられませんよね。

あらかじめ購入するおもちゃを決める


一回でなかなか決まらないので、「今日は下調べだから、何も買わないからね。」と言った上で子どもを連れて行くのですが、何も買わないのに子どもが長時間試供品で遊んで、そこから選んだりするのにはすごく時間がかかっていました。

子どもを連れて行くと試供品のおもちゃで遊ぶのが長くなってしまうので、ある程度購入するおもちゃを絞って子どもを連れて行くことにしました。

下調べの時には、子どもを連れて行かない


それと何も買わないと言っても、ガラポンをしたりお菓子や飲み物をつい買ったりしてしまって、結果的に浪費につながっていました。

割り切って、下調べは子どもを連れて行かない事にすると、スムーズに買い物することができました。


サプライズで親がプレゼントを決めていい?


「子どもを連れて行かない方が早く買い物が終わるのなら、もう自分たち(親)が決めてしまった方が時間の短縮にもつながるし、疲れなくて済むじゃん!」という事で、子どもを連れて行かないことにしました。

子どもを連れて行かずにサプライズで用意した年のプレゼントに関しては、最初は反応が薄く、親が遊んでいるのを見せてから初めてそのプレゼントで遊ぶようになったりしていました。

子どもの興味を引き出す事に苦労しました。

広告やインターネットを見せてから、欲しいおもちゃを決める





ある程度の年齢になって、自分で好き嫌いが言えるようになったので、広告やホームページで予め見せてから反応を探ることにしました。

すると、「これで遊びたい!」「これがいい!」と言っていましたが、家にあるおもちゃと似たようなものだったので、そのおもちゃを引っ張り出して遊んで見せたりしました。

だけど、やっぱり違うのでちょっと不満そうでした。

親の心と子の心はやはり違うものですね。

子どもが自分で選んだものは、その時に欲しいと感じるものですが、

親目線で遊ぶものを選ぶのは、どちらかというと、
将来的に長く使えるものとか遊び方のバリエーションの豊富なもののように思います。

「ママはこれが好きだけど、あなたは何が好き?」と話しながら決めていくと良いでしょう。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | 次の10件 しつけ、親の姿勢 ブログトップ
当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから