So-net無料ブログ作成
こどもちゃれんじ ブログトップ
前の10件 | -

小さな子どもに習い事を学ばせるメリット [こどもちゃれんじ]

昨日今月もこどもちゃれんじの教材が家に届きました。
届いたのが分かると早速開けて、メモリーカードをおうちシートに広げてゲームをしていました。

始めだしたらいろいろ忘れて一気に続けてやってしまうタイプなので、キリがないので、料理の途中に遊びながら、「これが終わったら、ご飯・お風呂にしようね~。」と区切りをつけながらやっています。

習い事何にする?





さて、生まれてくる前から、生まれた子供の習い事をどうしようか考えていました。

幼稚園と保育園どちらに入れるか悩み・・・。

幼稚園と保育園で学習の差が出てしまったら・・・と悩んでいました。

そんな対してないよ~と思いつつも、学習面に少し不安があったので、通信教育を選びました。

英語、習字、スイミング、ピアノ(音楽)の習い事も人気ですよね。

他にも少林寺拳法やサッカースクール、いろんなチラシや広告が入って来たりして、習い事どれにしようかな?なんて。


「子どもの将来の可能性を見抜けなかったらどうしよう。」
「子どもの可能性を潰してしまったらどうしよう。」

という漠然とした習い事をやらないことへの不安もありました。


たくさんの習い事が気になりましたが、できるだけのことは自分でも教えていこうと思いました。

今の所自分が学んできた英語や習字は自分で教えて、スイミングは夏の間だけプールに通ったりする程度に決めています。

習い事はやるにしろ、やらないにしろ、各種無料体験とかもあるので、適正年齢になったら、無料体験をさせてから感触を掴んでみてから、始める事で、やらなかったことへの不安も消えるのではないでしょうか。

習い事は案外嫌じゃない?


習い事嫌だ、となるのは「できない」事が増えたり、続いた時です。

子どもの理解度やレベルに合わせて手助けする人がいて、「できる」事を増やして行ければ自信にも繋がります。

習い事を共有できる友達ができたりすると、習い事に行けば寂しさは埋められるようになり、楽しめるようにもなります。

学童の代わりに塾に通わせる意味


学童に入れなかった、という代わりに塾に通わせる場合もあるでしょう。

大人は塾に入れることで、安全面で安心できます。

誰もいない家にひとりでいるより、公園にひとりででかけるよりは、親以外の大人の目が届くところにいることで危険から遠ざけることができるからです。


習い事のメリット




習い事をすることで、多様性のある生き方ができます。
それぞれに特化した場面ごとに、自分の立ち振舞いをどのようにしていくかを学んでいけます。

子守り代わりになる習い事


DVDを観たり、教材に集中している間は、家事ができます。

決められた時間内は仕事がなければ親にとっては自由な時間です。

限られた時間内で、子育ての自動化です。

自分で考えるようにしたり、親以外の大人の意見も聞いたりすることで成長できるでしょう。

お 家で学習時間を確保する


お家での学習時間は宿題があります。
宿題がなければ予習・復習をする事が求められるでしょう。

今日やったことを聞いたりして、わからなかったところをそのままにせず聞いてもらう事で次のステップに進めます。

繰り返し学習を自らすすんで覚える


園や学校などでやったことをフォローするのが習い事です。

「あ、これやったことあるな。」
「みたことあるな。」

で思い出すことができ、頭は自然に復習しているのです。

さらにできる子であれば難易度が高いものをどんどん教えてもらえるのも習いごとのいいところです。

集中する力をはぐくむ


時間を区切って眼の前の何かに一生懸命に集中する事で、求められた時にパワーを発揮できるように体を持っていくことができるようになるでしょう。

子ども同士の繋がりができる


同じものに取り組む事で共通の話題ができて子供同士が仲良くなれます。
学校の友達なら同じ習い事をしていれば、より深く仲良くなれますし、学校以外の友達もできたりするので、狭い世界になりがちな子どもの世界を変えてくれるでしょう。

自信を伸ばす


できない時に悔しい気持ちになったりすることもありますが、それができるようになった時、何倍もの自信に繋がります。

その道の専門家の意見を元にしているので、正しいやり方をすれば努力は報われる事も覚えます。

継続する力を伸ばす




定期的に同じ場所で同じことをする。
将来仕事に就くには基本的なことです。

最初は大変ですが、習慣化してしまえばあたりまえになります。

いったん物事をすすめ始めたら、簡単に辞められない、という事を学べます。

習い事のデメリット

よかれと思ってやった習い事で子どもを苦しめることになっては元も子もありません。

教材が増える


ものの定位置化や片付けができていないと散らかるもとになります。
終わった教材を保管する場所も必要になります。

自由時間が減ってしまう


何かを選ぶということは、何かを選ばないということです。
習い事をすれば親の自由時間は増えますが、その分子どもの拘束時間は増えているのです。

子どものもっと遊びたい!という気持ちを無視していたら、家出をしたり、その反動が出てしまうことも。

費用が定期的にかかる


道具や教材を揃えるのに初期費用がかかったり、固定費として毎月一定の費用がかかるようになります。

ベネッセのおおよその契約料金はこちら

その費用を捻出するためにもっと仕事を頑張らないといけなかったりして、結果こどもと会える時間が減ってしまったりすることもあります。

私がこどもちゃれんじの通信教育にした理由

考えるきっかけを作ったのは、最初は、お名前シールの無料プレゼントからです。

無料はおいしい。

できる人がかつてやっていたから


頭のいい人がやっていたからです。

その人には何をやっても追いつけなかった現実がありました。

そうだ!やり方を真似しよう!という事で決めました。

無料で届くマンガのストーリーに憧れていたから


充実した生活をおくる主人公。
高校に入ると普通にそんな生活が送れるのかなぁ?と思っていたら大間違いでした。
それは入会していなかったからかもしれません。

そんな考え方から決めました。

小さい頃の習い事のきっかけは親の思いが最初でいい


親がやりたかったことを一緒にやる、ということで、
親がやりたかったことを学ばせる、それでいいんじゃないでしょうか。

親だって何年も生きているけれど、子育てで学ぶことはたくさんあります。

子どもとともに成長していければいいんじゃないでしょうか。

大きくなったら、習い事を見直し、自分で習いたいものを選んでいく


習い事は親子間では、あくまでも話題作りのひとつと考えましょう。
できないことを相談したり、一緒に取り組むことで対等に話せるようになっていきます。

親と子どもは違う人間だからやがては他にやりたいことも出てきます。
もし他にやりたいことができたら、それに時間を費やせるように習い事を見直して、取捨選択をしていきましょう。

時間は限られていますから。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

しまじろうえいごのサンプルが届きました [こどもちゃれんじ]

こどもちゃれんじをやっているので、時折しまじろうえいごのサンプルが届きます。

日本語の教材とえいごの教材とでは若干違うのですが、

サンプルが届くと喜んで組み立てたりしています。

さすがに両方受講するとなると、手が出ないので、
サンプルのみで楽しんでもらえたらと思います。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ベネッセの契約のご案内が届きました。 [こどもちゃれんじ]

こどもちゃれんじの教材と一緒に契約のご案内が届きました。

2019年2月現在はこどもちゃれんじほっぷで年間払いで24000円程度。
こどもちゃれんじすてっぷ、じゃんぷも同じ価格です。

契約変更など何もなければ高校三年生までずっと届きます。
学年が上がるにつれ金額は上がり、
年会費
小学講座は約35000から129000円。
中学講座は約70500から102000円。
高一高二講座は約106000円。
大学受験講座は科目数に応じて約65000円から130000円。

お金ばかりじゃないんですが、2019年度受講費で年少から高校三年まで続けたら931220円かかる事が判明しました。

15年間で年平均で割ると62820円。

手痛い出費と考えるか、塾の費用に考えたら断然やすいと考えるか。

ちゃれんじも習い事の一つなんだなぁと実感すると共に

これから先こどもちゃれんじだけで終わるか、高校三年生まで続けるか悩むのでした。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

かたちバスプレートでなぞる練習 [こどもちゃれんじ]

昨日は、テンプレート定規のようなかたちバスプレートを使って、ハートや三角、うずまきなど
なぞっていく作業を何回もしていました。

何もない状態で書くのは難しいけれど、かたちバスプレートを使うと簡単にかける。

ふちどりや枠を意識できるようになれば、文字や塗り絵も上手にぬれるようになるのかなと思います。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

お医者さんごっこセット@こどもちゃれんじほっぷ [こどもちゃれんじ]

今月のちゃれんじでは、お医者さんごっこセット。

お医者さんの役になって、

診察してくれます。

ぽぽちゃんを相手にして、診察していたりもします。


先生役と患者役を交代しようとしてみると

聴診器は子ども用の大きさでジャストサイズなので、

大人がはめるときっちきちになります。


そういえば、小さい頃、自分もお医者さんごっこのおもちゃ持ってたなぁ、

としみじみ思い出すのでした。

もう捨てちゃったんだろうけれど。


保管状態が良ければ、

今わが子が持っている教材も将来の兄弟やわが子の子供に

使えるんじゃないかと思ってみたりしています。


小さい頃は病院通いばかりだったけれど、

だいぶ身体が強くなったのか、病院に行く事も少なくなりました。


診られる方ではなく、診る方をやってみる事で、

また新たな発見があるのかなと思うのでした。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

こどもちゃれんじほっぷ、カラフル鉛筆、ひらがなパソコンのカードが届きました♪ [こどもちゃれんじ]

1本で4色の色が書ける3角鉛筆のカラフル鉛筆トレンディ。
カラフルだけれど、私は4色ボールペンの方がいいなぁ、という実感です。

三角鉛筆、小学校低学年の頃、使っていましたが、文字の書き始めなど握りやすさを重要視しているのかもしれません。

スムーズに正しい持ち方が覚えられるというメリットがあります。

我が家の鉛筆は、丸なので、握るときにまだなれていないのか、握り方が微妙な感じになってしまっていましたが、より正しいやり方でやりやすい道具を揃えるのも正しい習慣が身につく方法です。

赤・青・オレンジ・緑の配色位置を把握して、使いたい色の部分に傾けて使う事で色の使い分けができます。

4色ボールペンの用に色の部分を押せば、その色が出る。

一見その方が楽なように感じますが、カラフル鉛筆の使い方さえ知れば、動きを最小限に減らすことができ、たくさんのものを早く書くことができます。

ほとんど回転と、傾きの角度調整のみで済むでしょう。

そのようにこの子達の世代が大人になったら、いろんな視野でものごとの微調整を行うことが必要となるのでしょうか。

削り方の角度や使用頻度によって、配色のバランスが変化しますので、大人も(子どもに求められたら)本人が望むようにちゃんと削って上げることで、子どもの書きたいものを実現しやすくできるでしょう。

紙のカードを挿して使用するひらがなパソコン。
我が家には私が昔使ったレターメイトがありますが、要はタイピングライターのイメージに近いです。

文字、そして文字を見極める判断材料となる絵をパソコンくんが指示してきます。

しまじろうの声で言ってくるのですが、音声合成で単語を新しく作って、読ませることができます。

ちょっと時代を感じる教材なのでした。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ドーナツ屋さんごっこセットとミスタードーナツのドーナツ、そしてイヤだ封印。 [こどもちゃれんじ]

ドーナツ屋さんごっこセットで遊ぶことが多いので、リアルドーナツをミスドに買いに行こうと思っていて先日西広島駅のミスドに向かったのですが、店舗がない!!

ショックを引きずっていたのですが、昨日「ドーナツ買いに行く?」と聞いてみたら、我が子が「行く!」と返事しました。

結局家のお片付けをしていたら、行けなかったのですが、代わりに家族が買ってきてくれました。

夜うなされながら、ゴロンゴロンと眠っていてあまり深い眠りができなかったのか、朝ギリギリまで寝ていた我が子。

ドーナツを食べるとごきげんでした♪

ドーナツ屋さんごっこセットのいちごドーナツとポンデリングのいちごドーナツの大きさを比べてみましたが、やっぱり本物のドーナツにはかないません。

硬さも柔らかさも違います。

ドーナツ効果が大きかったのか、最後までペースを乱さなかったのが功を奏したのか、今日はあまりイヤだがなくスムーズに登園できました。

そして、時間がギリギリになり、また自転車で全力疾走するのでした。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

こどもちゃれんじほっぷ7月号届きました! [こどもちゃれんじ]

ドーナツトッピングが届きました。

5月に届いていたかずのドーナツ屋さん、教材が届くまで眠っていたのですが、再度使うようになりました。

透明のトッピングのカバーでドーナツをはさもうとするのですが、できないー、と言ったりしています。
チョコの上にトッピングをのせる、という意味では片面だけ、というのは正しいでしょう。

袋に詰めて渡してくれたりします。

相変わらずキッズワークは1日で終わらせてしまいます。


「キョロちゃん!キョロちゃん!」と言って、園からの帰りにお菓子を求めるわが子に、家に「アンパンマンチョコがあるよ」となだめて、帰ったのですが、途中「あ!ちゃれんじ来てたよ!」というと、喜んで「ちゃれんじ!ちゃれんじ!」といって帰るのでした。

お菓子を出して、ちゃれんじを置くと、ちゃれんじを一目散にやるわが子。

食いしん坊のわが子がお菓子を放ったらかして、ちゃれんじを優先するのにはびっくりしました。

まぁ、考えてみれば、ご飯の時も何か別のものに集中していると、ご飯になかなか来ないので、ちょっと困っていますが、何かに没頭して集中してできるという事は、その面では力を発揮する事ができるのでいいのではないかと思います。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

与えられたお手本の中で、自分で選び何回も同じものを作る意味 [こどもちゃれんじ]

何回も同じことをやっていたら、「何回言うん!」「それ何回目?」とつい言ってしまいます。

子どもの発達障害の事例の中にパターン化した行動、興味関心の偏り、同じ行動を何度も繰り返す、というものがありました。(平成30年3月発行イクちゃん子育てガイドより)
ちょくちょくいろんな冊子でも発達障害に関して書いて同じように書いてあるのを見ていて、気にしないよう気にしないように、と思っていましたが、ついつい気になって、攻めるような言い方に聞こえてしまっていてはいけないな、と反省しています。

6月号のこどもちゃれんじのりったいパズルブロックを毎日やっているのですが、褒めると褒めたものを何回も作ったりしていました。

最初にできた時は「すごいね~!」と言っていたものの、徐々に何回もやると見ている方は飽きてくるのですが、確実に作る時間がスピードアップしてきます。

仕事と同じですね。仕事は毎日同じ仕事をやるから、仕事の基本を覚える上で一概に何度も同じことを繰り返すということが悪いことだとは言えません。
頻度を多くして、時短でものを覚えることによって、成長スピードがそれだけ早いのかな、と思います

親も成長について教えて行くことによって、発達障害というジャンルは障害ではなくなります。

何回もやっていて、冊子のものを一通りやってしまっていたので、「自分で考えて、作ってごらん?」と言ってみました。

すると、冊子にない、オリジナルのトラックを作っていました。

「足りない!」

と黄色のピースで車輪を作ろうとしていたのですが、後輪分が足らず残念そうにいっていました。


市販品だと買い足すことはできますが、こどもちゃれんじの教材は単品のみの購入はなく、買い足すことはできません。

今回は、しっかりお手本(マニュアル)を見て、お手本を正確に再現できるようになってから、その上で初めて自分で考えて作るという事ができて、よかったなぁと思いました。

ただ、自分が考えたデザインと実際にある合計のピースの数の数が異なるために生じたミス。 デザイン性を優先して、、足りない部分は自分で違うものを足して新たなものを作り出すことを優先するのか、合計のピースの数を予めきちんと把握して、その中で、頭の中でデザインし、形にすることがを優先するかが考える点です。

これが一般論。

いけないな・・・と今反省しているのですが、いい対応方法がわからず、その時「足りないねー、悲しいね」といっただけで、けっきょくスルーしてしまったんです。

今となって思えば、粘土に足りないブロックを両面を型押して、裏返しにくっつけて、車輪にしてしまえば、また別の考え方につながったのかな、と思いました。

粘土のため強度は異なりますが、素材を変えてもそれに近いものが再現することができるということ、そして、素材の感触や違いを知るきっかけになったのではないのかな?子どもができないと助けを求めていたのにひとつのタイミングを失ってしまったな、とちょっぴり思ってしまいました。

より本格的に教えるなら、粘土をオーブンで焼いてしまえば、強度は増します。

焼いてしまうと、粘土遊びができなくなるので、たぶん私がやるなら市販の粘土で焼きはしませんが、小麦粉を水にねったものを自作で作って焼いてやることもできるのかな、と思います。

今度同じような場面がきたら、そのように教えようかな、なんて・・・。

ただ、おそらく全く同じ場面にはめったにならない。。。
また変化球で来るんだろうな、と考えています。

我が子は発達障害とは認定されてはいませんが、(障害は基本認定するかしないかの違いなのではないかと思います)子供の成長スピードや吸収力に対して必死で追いかけて行かなければいけないな、と思う母なのでした。

ちなみにペットボトルをじょうごとしてリサイクルしているのですが、ゴマダレを作ってそれを他の入れ物に注ぐ際に口が全く同じサイズで、「ぐっともって注ごうかなぁ・・・、でもこぼれるのは嫌だなぁ・・・。」と思っていました。
「冷凍食品のパックを切って半分におって注ごうかなぁ・・・でも強度が足りないなぁ・・・」と思っていました。


その様子を見て、夫が「以前買ったペットボトルキャップを付けて、注げばいんじゃない?」と一言。
「あ!そっか!なるほど~」と新たな発見、問題解決に繋がりました。

「全く頭使ってないね」と更に一言。

ココロの声(むっ!)

となったのですが、確かに私は全く使っていなかったのかもしれません。反省。

母親が気付かない問題は父親が気付く場合もある、という事で、脳の得意分野の違いにもよるのかもしれませんが、家にあるものの中で瞬時に判断し活用するというサバイバル能力を私も頑張って身につけようと思うのでした。









nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

こどもちゃれんじ ほっぷ6月号が届きました。 [こどもちゃれんじ]

昨日、こどもちゃれんじほっぷの6月号が届きました。

もう1か月たったのかぁ!と月日が経つのを早く感じました。

保育園から帰ってくるなり、教材を見つけて一直線。

今朝もひたすらブロック遊びに夢中になっていました。

素材が固めなニューブロックみたいな感じなのかなぁ?と思っていましたが、ブロックの中央は丸型に空いていたり、くぼみがあったりして、棒のパーツにも〇がくっついていて、そのくぼみにちゃれんじ園ごっこセットのお人形を乗せたり、車を作ったりしても車輪が回転しやすい感じでした。

ニューブロックは、学研の教材ですが、私も小さい頃使用していました。
素材がやわらかくて、よくかじってしまっていた事を思い出します。

ひと月の教材と同じくらいの値段で、ブロックのみ購入するなら、パーツの種類と数ではニューブロックの方が上回っています。



どちらのブロックもそうですが、井げた(今風でいうならハッシュタグ)の形でものを作るのは、キャンプファイヤーの薪を積み上げる時とか、お皿やお盆を積み上げて乾燥しやすくさせる時に「井げたに組んで」という表現を使いますが、井げたのみだと縦方向に積み上げるのみになってしまいますが、井げた風の別の形を組み合わせる事によって、縦だったり、横だったり、組み合わせる事ができるようになっています。

身近にある井げたブロックは、砂防堰提として使われたりしていますが、テトラポットが代表するような消波用のコンクリート製のブロックにもいろいろ種類があります。

おもちゃでテトラポットのブロックやぬいぐるみがありますが、それをつかって、何か別の形のものを作ろうと考えると立体パズルのような感じになってきて、少々難しくなります。

井げた(のような)の形をしたブロックは、展開図を勉強するのにも役に立ちます。
展開図を勉強していけば、将来は建築士にもなれます♪

完成形をイメージして、ものづくりをはじめる前に、個々のパーツをどの様な形、どれだけの数で用意すればいいか、下準備から考えられるようになれば、物事をするのに周囲に分かり易く、一貫性を持つて伝えることができます。

なんだか忙しそうにしているけれど、ロスが多いな・・・。とか、完成形ができるまで何になるのかわからない、というようなその場その場の仕事をするのではなく、最初は用意するのに時間がかかりますが、無駄なく完成形に近づけられるような力を身につけられるのではないかと思います。

良質な教材を使ってもただ、見ているだけではなくて、親も一緒に声掛けしていく事で、わが子の考え方の発見にもつながります。

教材やおもちゃでひとりで遊んでくれると、ついそのままにしておきがちですが、これを書きながら反省しています。

「これを作るのには、黄色を3個、青を1個、灰色を1個用意しようね」とか、「つなげたままで広げて見よっか」、とかいろんな声掛けをしていって、思春期が来ても「じゃま!」とか「ウザい!」とか言われないようなわが子が反応しやすい言葉がけを探っていきつつ関わりの深いコミュニケーションしていかなくちゃな、と思うのでした。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - こどもちゃれんじ ブログトップ
当ブログのメールでのお問い合わせはこちらから